ブログから、話題を知る、きざしを見つける

718日(水)に語られたイギリスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イギリス」について語っているブログ
The Devon School of ...2018年7月18日(水) 07:46
今日はポスターを作成したり
イギリス日本の文化の違いを学んだり
英文を読んだりしました。
cocolog-nifty.com ultra-kityo-england.cocolog-nifty.com/blog/2...このブログを読む
戦争そのものが国の為政者などの責任であるなど「戦争責任」は「戦争指導者」に帰結するように見え、特に日本の場合は、自分は無責任であるかのような発言が多く、また、その戦争に負けたことによって自衛権など「国家の義務」まですべて放棄をしてしまっているような言論を散見することがあるが、中国など一度負けても軍備をしないなどという国家は存在しないのである。
さて、例えばイギリスが香港を租借地したアヘン戦争の場合、アヘンそのものをちゅごくの国民が使わなければアヘン戦争は起きなかったし、また、アヘンそのものを許可せず、中国人が官憲に通知し、その官憲がしっかりと動いていれば、一部がアヘンに汚染されたとしても戦争にはならなかった。
その上、そのような戦争であるにも関わらうz、中国全体でイギリスと戦ったわけではなく、当時の一部軍閥によって戦われただけであるということを考えれば、中国の租借地は中国全体が「無視」し、中国人がイギリス人の手先となって、自分の欲望を満たすような人がいて、またそれを黙認す両な文化性が招いたといっても過言ではないのである。
cocolog-nifty.com udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2018/07/post...このブログを読む
2020年のインパール作戦2018年7月17日(火) 19:27
しかし不思議だねぇ。
イギリスの新聞が酷暑でのオリンピックを懸念
しているのに、日本の新聞はなんで書かないの?
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/sasha89/20180717/1531823274このブログを読む
<NEW> 『王様と私』2018年7月17日(火) 15:36
『セブン・イヤーズ・イン・チベット』のダライ・ラマに通じる尊敬すべき国王だ。
本作はそれらの歴史的背景は描かれず、シャムの王様とイギリス人家庭教師との心のふれあいをメインに、豪華絢爛な王宮と衣装が目にも楽しいミュージカル映画となっている。
19世紀末のシャム王家の生活様式がどれほど忠実に描かれているかは分からないが(その昔、ハリウッド映画で描写される日本がヘンテコリンだったことを思えば・・・笑)、エキゾチックな風貌のユル・ブリンナーが、金糸の刺繍もあざやかなシャムの民族衣装をまとっていると、まるでおとぎ話の世界へ迷い込んだようだ。
cocolog-nifty.com fwgg.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/new-fece...このブログを読む
日本はアメリカのスパイを受けた。
おおよそ、アメリカとイギリス、そしてロシアが電波を使った大規模な計画を持っていることに着目して奴らの仕業と考えるのがストレートな見方ではないか。
地球規模の監視能力のある国を考えるべきだろう。
cocolog-nifty.com climate288.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/09...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「イギリス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イギリス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.