ブログから、話題を知る、きざしを見つける

223日(金)に語られたイギリスといえば…

スポーツ感動した
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イギリス」について語っているブログ
現在イギリス国籍を取得しています。
日本語はあまり堪能ではなく、日本への郷愁をわずかに秘めたまま、イギリス人として作家活動をしています。
カズオ・イシグロは1982年(28歳)に、『遠い山なみの光』(ハヤカワepi文庫、初出時は『女たちの遠い夏』というタイトル)でデビューしました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/fujimitsu530/e/a776c8f30c35e3...このブログを読む
(丸谷才一『深夜の散歩』ハヤカワ文庫P242より)
カミュへの影響について丸谷才一は、「自分が文章に書く前に、イギリス作家レイナー・ヘブンストールに書かれてしまった」と後悔しています。
この点については、前記引用者のキーティングも断定形で書いています。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/fujimitsu530/e/662c7957516d1f...このブログを読む
その後ラクロ『危険な関係』(「500+α」推薦作)へと流れが継承されます。
ヘンリー・ジェイムズはアメリカ生まれで、イギリスやフランスで活躍した作家です。
ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』(光文社古典新訳文庫、土屋政雄訳)は、パリでの生活から学んだ、心理小説といえます。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/fujimitsu530/e/b4273e3659d515...このブログを読む
与那国島の海底遺跡2018年2月22日(木) 13:21
また、海中でつくることのできる構造ではなく、陸上で造営されたのが地殻変動などで海中に沈んだものといいます。
そして、この海底遺跡は、イギリス作家チャーチワードの著書「失われた大陸」に出てくる、海中に沈んだムー大陸を連想させるそうです。
階段状の部分は実用的なものではなく装飾的につくられたものという推測がありますが、マヤ文明のピラミッドにも似た装飾があり、また遺跡の岩に刻まれた絵文字のようなものがマヤの古代遺跡の象形文字に似ているのです。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/habu456/e/ccf78c5c68a4488c7d6...このブログを読む
なので、作家も部長刑事も家族にフォーカスする。
すると、イギリスの上流階級の不安や不満の萌芽を見出すことができる。
インド植民地経営によって富を得た一家(ほとんどイギリスそのものだ)ではあるが、2代目、3代目になると、経営には興味がなくなり、家族の維持発展も関心事ではない。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/odd_hatch/20180222/1519258671このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
スポーツ

TV

感動した

面白かった

驚いた

かわいかった

  
  
この話題のRSS

「イギリス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イギリス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.