ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1021日(土)に語られたイギリスといえば…

経済
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イギリス」について語っているブログ
今年のノーベル文学賞に輝いた日系英国人、カズオ・イシグロが1980年代に書いた長編。
小説の中の場所はイギリス、時は1956年7月の6日間、長くダーリントンホールで執事を務めていたスティーブンスは、新しい館の主、アメリカ人のファラディから思いがけずに休暇をもらい、車も貸してもらって、イギリス西部の町を訪ねる。
そこへ行って、かつて女中頭として働いていた、今は人妻のミセス・ケントンに屋敷に戻る可能性がないか確かめに行く。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kawashima134/e/7c642291c95e89...このブログを読む
カズオ・イシグロイギリス人だ。
新宿に出かけた折、紀伊国屋書店に立ち寄った。
cocolog-nifty.com http://housinn-n.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/pos...このブログを読む
「日の名残り」という映画をご覧になられたでしょうか。
この度ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロ氏の同名の小説の映画化作品(1993年イギリス )です。
アカデミー賞作品賞にノミネートされましたが、惜しくも漏れて、主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)や主演女優賞(エマ・トンプソン)ほか脚色・美術・衣装などの賞を受けています。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/basama2009/e/61b667823b86528b...このブログを読む
カズオ・イシグロ著「日の名残り」を読む 2017月10月20日
この作品は、1989年にイギリスで最高の権威ある文学賞「ブッカー賞」を受賞した。
そして今般ノーベル文学賞を受賞した。
blog.so-net.ne.jp http://kentaro72.blog.so-net.ne.jp/2017-10-20このブログを読む
カズオ・イシグロ(土屋政雄訳)『日の名残り』(早川書房、2001)を、とりあえずざっと読んだ。
イギリス政界の大物ダーリントン卿に仕える執事スティーブンのモノローグを通して、第一次・第二次大戦の反省(?)がなされる
執事の前の主人ダーリントン卿は、イギリスの戦争対策の失敗を象徴する存在として描かれている。
cocolog-nifty.com http://elder.tea-nifty.com/blog/2017/10/post-fcc1.h...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
経済

映画

政治

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「イギリス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イギリス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.