ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1024日(火)に語られたイギリスといえば…

政治
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イギリス」について語っているブログ
日本人留学生は、そのラトガースの隆盛期に居合わせた。
幕末、多くの留学生がイギリスなど欧州へ渡ったが、アメリカへは南北戦争
(1861-65)の影響で、10人前後しか留学していない。
asablo.jp http://kbaba.asablo.jp/blog/2017/10/24/8711625このブログを読む
当ブログアクセス上位記事2017年10月24日(火) 04:22
両面を戦争する気満々の国家で囲まれたドイツは、如何に精強な軍隊を構築しようにも不安の残るプレイである。
例えフランスを制圧しても、ウクライナまで進出しても、敵の縦深は深く、イギリスアメリカ、ウラル以東のソ連(中国・インド併合済みと予想)、そして日本がある。
世界を敵に回すレベルなので、奇策もあまり連発すれば効果は薄くなっていく。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/subetehayumeosorosiiyume/e/d0...このブログを読む
ロシアの農民たちが、農業の性急な集団化に戸惑いと反感を持ち、トラクターを「反キリストが乗って来る鉄の馬」と見なしていたというのは、非常に興味深い。
さらにドイツ、イギリス
20世紀後半、アメリカではトラクター保有台数がピークに達し、その生産は停滞していく。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/jchz/e/beb85940b13814548fc148...このブログを読む
そこそこ探して見つけましたギャルゲーっぽいこちらのゲーム「Sword of Asumi」。
アメリカ製なんだかイギリス製なんだか、はたまたアジアのどこかなのかイマイチ製作元が分からず、せっかく英語の勉強をするのに英語圏以外のゲームは避けたいなぁと考える私の不安が最後まで残るプレイングとなりましたがひとまずクリアはしました。
なんか販売元のサイト(US)にはえっちい絵がいっぱい出てきたけど、会社情報はよく分からなかったの。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/honokajimon/20171014/p1このブログを読む
これに対して、アメリカは直ちに反応し、直接イラクに攻め込むことはなかったものの、レバノンに5000人の海兵隊を派遣しました。
石油利権でアメリカに負けてはならじ、とするイギリスも、ヨルダンに空挺部隊を派遣して圧力をかけました、これらの圧力により、生まれたばかりの共和国政権は石油の国有化の企てを放棄せざるをえませんでした。
(続く)
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/maruo9/e/68f3f71931fb2accf77f...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
政治

経済

映画

  
  
この話題のRSS

「イギリス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イギリス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.