ブログから、話題を知る、きざしを見つける

74日(水)に語られたアマデウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「アマデウス」について語っているブログ
No.442 (Web版92号)32018年7月4日(水) 21:31
100年たっても残るものはどのぐらいあるのであろうか。
映画「アマデウス」の中で、サリエリが自分の人生を思い出しながら「私のオペラはしだいに演奏されなくなり、消えていった」と自嘲気味に語る場面があるが、SFやSF作家はどうであろうか。
星新一生誕90年だそうだ。
cocolog-nifty.com papermoontokai.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
クラシック今日の暦5/202018年5月20日(日) 05:15
◆ヘンツェ/オペラ『若い恋人達のエレジー』(1961.5.20 イングランド シュヴェツィンゲン離宮劇場 グラインドボーン音楽祭にて)【初演から57年】
◆カール・アマデウス・ハルトマン/悲劇的交響曲(1989.5.20)(出典不明確)【初演から29年】
at.webry.info arukimedes.at.webry.info/201805/article_17.h...このブログを読む
モーツァルトの「フィガロの結婚」がプラハでの公演をきっかけに高評価を受け、プラハで名作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」をモーツァルト自身の指揮で初演したという史実があり、全編にモーツァルトの曲を中心にクラシック音楽がちりばめられています。
33年前にアカデミー賞8部門を受賞した「アマデウス」(1984)は本格的なモーツァルト映画で、その衝撃的な内容は今でも覚えているほどです。
それに比べると重厚さには欠けますが、音楽と映像を満喫しました♪
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/library1789/e/f98c1e9a7d5a7c3...このブログを読む
此の社会構造の激変が音楽の世界に及ぼした影響については「 西洋音楽史 クラシックの黄昏 」でも触れたが、モーッアルト個人の一生にスポットを当てて視ると、より一層分かり易い。
それは本稿の後で述べるとして、著者はアマデウスの言葉への執着を膨大な手紙とオペラのセリフにおいて指摘する。
そこを次節【2】で触れる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/14houkan05shoujou21/e/b91bfce...このブログを読む
1787年、モーツァルトがプラハで『ドン・ジョヴァンニ』を作曲したという史実に着想を得て、彼と新進女性オペラ歌手の恋愛、そしてそれにからむ人間関係を描いています。
今回のモーツァルトは先の映画「アマデウス」のときの奇異な人物とは違い、人間的な魅力にあふれたハンサムな人物像です。
アナイリン・バーナードが演じています。
blog.so-net.ne.jp april2605.blog.so-net.ne.jp/2017-12-31このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「アマデウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「アマデウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.