ブログから、話題を知る、きざしを見つける

423日(月)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
風に吹かれたビニール屑が鉄格子にひっかかって風に揺られるという心象的な風景がこの映画の全体を見事に表象している。
わたしを離さないで - Wikipedia."イシグロは『わたしを離さないで』は平行世界のイギリスを舞台にしているにもかかわらず、2015年までの自身の作品のうちでもっとも「日本的」な小説だと考えており、それまでに接してきた日本の映画や書籍の影響が登場人物のふるまいなどに反映されているという。"
小説が「日本的」なものを狙ったとのことで、つい日本映画として制作されていたら、と想像してしまう。
cocolog-nifty.com bp.cocolog-nifty.com/bp/2018/04/never-let-me...このブログを読む
探偵物仕立ての次はSF仕立て。
2005年の『わたしを離さないで』(Never Let Me Go) は1990年代末のイングランドが舞台だが、そこでは臓器提供のためのクローン人間が造られているのだから、近未来ディストピア小説ということになる。
語り手キャシー・Hの友人たちも4回の臓器提供を終えて死んでゆく。
cocolog-nifty.com masachan71.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/po...このブログを読む
ってたってこっちの勝手な言いかがりなんだが。
わたしを離さないで』、彼の代表作の一つだ。
臓器移植用に育てられている人間を描いたものだが、このテーマ、彼より早く僕も舞台に仕上げていたんだ、『マザレスチャイルド』高校演劇だけど。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/taowatarukaze2014/e/117763eec...このブログを読む
1989年に「日の名残り」で、イギリス最高の文学賞であるブッカー賞を受賞。
2005年の「わたしを離さないで」は舞台や映画になり、「忘れられた巨人」は各国でベストセラーとなっている。
実際にあったかのようなリアリズムに徹しながら、日常の小さな隙間から不条理な世界を描き人間の本質に迫る独特の作品世界を構築している。
cocolog-nifty.com right-left.tea-nifty.com/blog/2018/01/nhk-e2...このブログを読む
初めはそのように平凡な日常が語られ、その後不穏な空気がチラチラ見えだし、実はうすら寒い話になっていくのだろうか。
翻訳に関しては「わたしを離さないで」の土屋政雄ではなく、飛田茂雄と言う。
しかし同じ日本を舞台にした前作「遠い山なみの光」の小野寺健と比べても違和感はなく、土屋政雄と比べても違和感はない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kawachitukky/e/15fe13911224c6...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.