ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1119日(日)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
初めはそのように平凡な日常が語られ、その後不穏な空気がチラチラ見えだし、実はうすら寒い話になっていくのだろうか。
翻訳に関しては「わたしを離さないで」の土屋政雄ではなく、飛田茂雄と言う。
しかし同じ日本を舞台にした前作「遠い山なみの光」の小野寺健と比べても違和感はなく、土屋政雄と比べても違和感はない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kawachitukky/e/15fe13911224c6...このブログを読む
カズオ・イシグロ「夜想曲集」2017年10月15日(日) 18:10
いずれは読むつもりだったので、別に問題はないんですが。
わたしを離さないで」はハードカバーしか持ってないから、この機会に文庫も買おうかなぁ。
本の内容は、タイトルにあるように、音楽家あるいは音楽を愛する人を主人公にした、夕暮れ時が舞台の五つの物語、です。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/odette-e-odile/e/0861806db546...このブログを読む
ひっそりと2017年10月13日(金) 15:33
日本人作家ではないからだろうか?
わたしを離さないで』は、2010年に映画化され、、2014年には蜷川幸雄演出による舞台化、また2016年には、TBSでドラマ化もされたらしいが、全く知らなかった。
話のタネにどれか1冊を・・・と思うが、図書館で予約しても何年待ちの状態なのだろう。
cocolog-nifty.com doi-yasumi.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/po...このブログを読む
マイブラッディーノーベル賞2017年10月10日(火) 21:47
そのアイディアを最高のものにするのがお膳立てとしての舞台づくりだから。
つか、『わたしを離さないで』について言うと、あのフィクションというか異世界は自分たちと同じ世界。
何も変わらない。
yaplog.jp yaplog.jp/theapplejack/archive/3642このブログを読む
休憩時間のわずかな時間だったが、その後は蜷川氏がロンドンを訪れるたびに会う仲になっていた。
その交流から生まれたのが、イシグロ氏の代表作「わたしを離さないで」の舞台化だった。
さいたま芸術劇場で上演されたが、イシグロ氏も来日して観劇した。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/cafe_de_kirico/e/853540a17816...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.