ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1013日(金)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
ひっそりと2017年10月13日(金) 15:33
日本人作家ではないからだろうか?
わたしを離さないで』は、2010年に映画化され、、2014年には蜷川幸雄演出による舞台化、また2016年には、TBSでドラマ化もされたらしいが、全く知らなかった。
話のタネにどれか1冊を・・・と思うが、図書館で予約しても何年待ちの状態なのだろう。
cocolog-nifty.com http://doi-yasumi.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/po...このブログを読む
それが、初期の秀作「浮世の画家」では、終戦直後の日本で、 価値観の急変に揺れる老人を描いた。
映画化された「わたしを離さないで」は、 移植する臓器を提供するために、施設で育てられた若者の話である。
若者らはクローン技術によって生まれたようで、 親はおらず、子どももできないとの設定だ。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kumagaya001/e/3eb8f25202733eb...このブログを読む
執事の回想を通して失われつつある伝統を描いています。
また、2005年に出版された「わたしを離さないで」は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちが、運命を受け入れ
ながらも生き続けたいと願うさまを繊細に描いたフィクションで、その後、映画化され、日本でも公開されました。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/jiuhime007/e/dfa5c66e07c54726...このブログを読む
英語がそんなに難しくなく、背景が日本のためかすごく読みやすかったことを思い出す。
その後、映画化された「日の名残り」や「わたしたちが孤児だったころ」などはもちろん翻訳でおもしろく読み、最後に読んだのは「わたしを離さないで」である。
ところが、これは何とも後味の悪いSF小説で、カズオ・イシグロはもう絶対に読まないと心に決めていた。
asablo.jp http://atsukotsujisaki.asablo.jp/blog/2017/10/07/86...このブログを読む
1989年には『日の名残り』で英国の文学ブッカー賞を受賞して世に売り出した!
2005年に出版した、移植臓器提供者のために育てられた若者たちを描いた『わたしを離さないで』は、2010年に映画化され、その翌年には日本でも公開されたようだ!
Congratulations!・・・
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/okaocnto-gooid15/e/0022febff8...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.