ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1212日(火)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
『遠い山なみの光』読了2017年12月12日(火) 19:31
日本語で書かれたものではないことを忘れてしまうけれど、英語で書かれた翻訳小説。
翻訳者が違うけれど、以前読んだ『わたしを離さないで』と同じ空気を感じられるのは、どちらの翻訳者も作者カズオ・イシグロの世界をよく理解しているからでしょうか。
戦後日本の価値観の転換点に人生を生きた女性の一人の女として、そして母としての在り方の物語。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ma-marin/e/20dad0f3c2252efb4f...このブログを読む
2008年に映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人賞、2014年には映画「永遠の0」で第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ミュージカル「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞・杉村春子賞を受賞。
近年の主な出演作にドラマ「わたしを離さないで」(TBS系)。
「おんな城主 直虎」(NHK)。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kurobuchi45/e/7f72e9aab5fe839...このブログを読む
初めはそのように平凡な日常が語られ、その後不穏な空気がチラチラ見えだし、実はうすら寒い話になっていくのだろうか。
翻訳に関しては「わたしを離さないで」の土屋政雄ではなく、飛田茂雄と言う。
しかし同じ日本を舞台にした前作「遠い山なみの光」の小野寺健と比べても違和感はなく、土屋政雄と比べても違和感はない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kawachitukky/e/15fe13911224c6...このブログを読む
スライド最後の1枚には、日本生まれでイギリス人になった石黒和夫さんとコーヒーの関係を紹介しました。
ノーベル賞受賞の代表作で、「Never Let Me Go:わたしを離さないで」の宣伝写真に、コーヒーが添えてあるのです。
瞑想の世界の入り口はコーヒーカップだそうですが、ノーベル賞に値する本の入り口にもコーヒーが似合っているようで、いつも離れないで一緒に居るのだそうです。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/coffees_for_healthy_life/2017...このブログを読む
僕の答えは「二つの祖国を持つ男」である。
もし彼が日本に生まれ育ったならブッカー賞を受賞した「日の名残り」のような小説は絶対に生まれなかったし、逆にイングランド人から「わたしを離さないで」などの小説が生み出されるはずもない。
つまり彼の特殊な生い立ちが創造物と密接な関係を帯びているのである。
cocolog-nifty.com opera-ghost.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/p...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.