ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1012日(木)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
それが、初期の秀作「浮世の画家」では、終戦直後の日本で、 価値観の急変に揺れる老人を描いた
▼映画化された「わたしを離さないで」は、 移植する臓器を提供するために、施設で育てられた若者の話である。
若者らはクローン技術によって生まれたようで、 親はおらず、子どももできないとの設定だ。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kumagaya001/e/3eb8f25202733eb...このブログを読む
執事の回想を通して失われつつある伝統を描いています。
また、2005年に出版された「わたしを離さないで」は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちが、運命を受け入れ
ながらも生き続けたいと願うさまを繊細に描いたフィクションで、その後、映画化され、日本でも公開されました。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/jiuhime007/e/dfa5c66e07c54726...このブログを読む
流行が後れてやってくる2017年10月8日(日) 15:03
つい最近、作品をひとつ読んでました。
わたしを離さないで
臓器移植の提供者としてのみ生きるクローン人間の若者たちを描いた作品。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/shiketarabankame/e/071dcd5ac7...このブログを読む
1989年には『日の名残り』で英国の文学ブッカー賞を受賞して世に売り出した!
2005年に出版した、移植臓器提供者のために育てられた若者たちを描いたわたしを離さないで』は、2010年に映画化され、その翌年には日本でも公開されたようだ!
Congratulations!・・・
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/okaocnto-gooid15/e/0022febff8...このブログを読む
その後『The Unconsoled(充たされざる者)』(1995)、『Never Let Me Go(わたしを離さないで)』(2005)など多様で個性がある作品を執筆した。
特に『わたしを離さないで』はクローン人間の悲しい運命と愛を通じて人間の尊厳に疑問を提起した彼の代表作で、1990年代後半の英国の寄宿学校「ヘールシャム」で複製された人間の愛と性、悲しい運命などを描いた小説だ。
タイム誌によって「英語小説ベスト100」と「2005年の最高の小説」にも選ばれた。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/7bae3ffee9f7e...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

TV

映画

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.