ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1012日(木)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
■映画と夜と音楽と…790 祝...2017年10月12日(木) 09:04
翻訳小説が売れない中では珍しいことだった。
それから、しばらくしてキャリー・マリガン主演の「わたしを離さないで」(2010年)が公開された。
僕が初めてアンドリュー・ガーフィールドを記憶にとどめた映画である。
cocolog-nifty.com sogo1951.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/790-...このブログを読む
執事の回想を通して失われつつある伝統を描いています。
また、2005年に出版された「わたしを離さないで」は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちが、運命を受け入れ
ながらも生き続けたいと願うさまを繊細に描いたフィクションで、その後、映画化され、日本でも公開されました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/jiuhime007/e/dfa5c66e07c54726...このブログを読む
1989年には『日の名残り』で英国の文学ブッカー賞を受賞して世に売り出した!
2005年に出版した、移植臓器提供者のために育てられた若者たちを描いた『わたしを離さないで』は、2010年に映画化され、その翌年には日本でも公開されたようだ!
Congratulations!・・・
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/okaocnto-gooid15/e/0022febff8...このブログを読む
1989年に出版された「日の名残り」は、第2次世界大戦後のイギリスの田園地帯にある邸宅を舞台にした作品で、そこで働く執事の回想を通して失われつつある伝統を描き、イギリスで最も権威のある文学賞、ブッカー賞を受賞しています。
また、2005年に出版された「わたしを離さないで」は、臓器移植の提供者となるために育てられた若者たちが、運命を受け入れながらも生き続けたいと願うさまを繊細に描いたフィクションで、2010年に映画化され、翌年には日本でも公開されました。
ノーベル文学賞の選考委員会は「カズオ・イシグロ氏の力強い感情の小説は、私たちが世界とつながっているという幻想に隠されている闇を明らかにした」と評価しています。
cocolog-nifty.com elder.tea-nifty.com/blog/2017/10/post-a6a2.h...このブログを読む
共に臓器移植を目的に作られたクローン人間の話であり、これは近未来SFだと思った。
イシグロ氏の作品「わたしを離さないで」の発表が2005年で、映画「アイランド」の公開も2005年。
偶然とはいえ映画には当然原作か原案があるだろうから、どちらがどちらに影響を与えたのか、あるいは同時期に無関係にアイデアが生み出されたのかはわからない。
cocolog-nifty.com syasin-nikki.way-nifty.com/photo/2017/10/pos...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.