ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1214日(木)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
『忘れられた巨人』2017年12月14日(木) 22:32
読み始めてわかったのだが、なんとこの物語はファンタジーである。
カズオ・イシグロさんの作品は『日の名残り』しか読んではいないのだが、英国人執事が主人公の思い出話だし、映画やドラマにもなった『わたしを離さないで』はSFだった。
彼は作品ごとに、いろんな場所や時代、小説のジャンルまでも自在に変えて描く作家だと言われるが、まさかファンタジーだとは思わなかった(^^ゞ。
at.webry.info yuki-wan.at.webry.info/201712/article_10.htm...このブログを読む
記憶との対話2017年12月13日(水) 21:06
合わせてスウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長の講評、「私たちが過去とどう向き合っているのか、個人でも共同体や社会としても『生き残るための忘却』とどう付き合っているのか、子細に探検を続けている」、が紹介されていました。
私は、「わたしを離さないで」と「わたしたちが孤児だったころ」(ともにハヤカワepi文庫)の2作品しか読んでいませんが、確かに主人公の語りは現在と過去を頻繁に行ったり来たりしていました。
過去の出来事が今にどうつながっているのか、また今の自分から見た時、過去の出来事にどんな意味付けをするのか、そんなところに著者の意識が注がれていると感じながら読んだことを覚えています。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/tkyk3180/e/b4a9c1278f00ea6275...このブログを読む
2000年『わたしたちが孤児だったころ』
2005年『わたしを離さないで
私はイシグロが23年にわたって発表してきた6作品を1カ月足らずの間に読んだわけだ。
asablo.jp dark.asablo.jp/blog/2017/12/10/8745654このブログを読む
[SF] 忘れられた巨人2017年11月29日(水) 22:37
特に最近の二作は(といっても寡作な人なので10年の間隔はあるが)いわゆる純文学ではなく、私小説ですらなく、エンターテイメント小説とか、ジャンル小説とかに分類されるべき作品だと思う。
前作の『わたしを離さないで』は、“いま"とは異なるパラレルワールドを描いた紛れも無いSFだった。
そして、この『忘れられた巨人』はさらに凄い。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kats-takami/e/5224ed58b3c33f3...このブログを読む
読んでみたいな2017年11月28日(火) 16:43
なのに。
さて、イシグロ作品の『わたしを離さないで』は映画や
ドラマにもなったベストセラーだそうであるから、当然
yaplog.jp yaplog.jp/sibafu2/archive/280このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.