ブログから、話題を知る、きざしを見つける

117日(水)に語られたわたしを離さないでといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「わたしを離さないで」について語っているブログ
探偵物仕立ての次はSF仕立て。
2005年の『わたしを離さないで』(Never Let Me Go) は1990年代末のイングランドが舞台だが、そこでは臓器提供のためのクローン人間が造られているのだから、近未来ディストピア小説ということになる。
語り手キャシー・Hの友人たちも4回の臓器提供を終えて死んでゆく。
cocolog-nifty.com masachan71.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/po...このブログを読む
そして、次第にそこが単なる寄宿学校ではなく、臓器提供する目的で作られたクローン人間の子どもを育てるための場所であることが明らかになる。
タイトルの「わたしを離さないでは」は、キャシーが販売会で手に入れたカセットテープの中にある1曲。
キャシーがこの曲を聴きながら、赤ん坊に見立てた枕を胸に抱いて踊る場面があるが、それを涙を流しながら見ている「マダム」がいる。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/kimiyom/20180106/1515225222このブログを読む
シンギュラリティ2017年12月9日(土) 11:01
遅ればせながら、今カズオ・イシグロを読んでいる。
代表作『わたしを離さないで』で、頻りに「シンギュラリティ」が浮かんできた。
もちろんクローンとは異なる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yaraonn/e/32ad667b3771aacfae1...このブログを読む
今は亡き高名な免疫学者の、うなされながら見た夢の断片だが、クローンなどの先端医療を突き動かしている背景には、こうしたヒューマニスティックな動機も含まれているのだろう。
まさに「オー、ベイビー、ベイビー、わたしを離さないで」というエリザベスの願いが聞こえてきそうだ。
一方、ヘールシャムから離れた主人公たちも、「ポシブル」つまり彼らの親を探そうとして、町を彷徨ったが、彼らの立場は第二のルイーズとはまるで違う。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/osyamada/e/a208c9a4cfed8285dd...このブログを読む
わたしを離さないで」最終回でした
この作品はおおまかに言えば、クローンとして生まれ、臓器の提供者として死んでいく者の話なんだけど…
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/plaisir-petit/e/9bde695508daa...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「わたしを離さないで」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「わたしを離さないで」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.