ブログから、話題を知る、きざしを見つける

822日(水)に語られた明治学院大学といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「明治学院大学」について語っているブログ
べつに知らなくても困ることはないでしょうね、きっと。
あなたは明治学院大学を知っていますか?
自慢じゃないですが、私は知っていましたよ。
cocolog-nifty.com y3lqqrgj.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/inde...このブログを読む

●K・Tさん(浪人生女子)・・・入塾時の英語の偏差値は50代前半でしたが、1年勉強して、青山学院大学経済学部、日本女子大社会学部人間社会学科、明治学院大学に合格しました。
cocolog-nifty.com horizon266.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/--...このブログを読む
毎週礼拝があり、聖書の授業もありましたが、全く興味がなく、高校3 年間で覚えたのは礼拝の時間によく歌わされた讃美歌の539 番だけ。
そして「4 年間遊びたい!」との思いで明治学院大学に進学。
勉強は全くするつもりがありませんでしたが、唯一真剣に受けた講義が大学1 年の時の「哲学」です。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/kimiyom/20180816/1534402490このブログを読む
ということで、学びの促進には「企業からの学びを自らの学びにつなげることが必要」という結論で、学ばないのが自然状態なのであって、企業は訓練機会を付与すると同時にチャレンジングな仕事を付与し、学びを評価し、学びを活用する場をつくっていくことで、個人の意識変容ともあいまって将来は継続的な学習継続が実現するだろう…とのことでした。
続いては大久保所長のコーディネートによるパネルとなり、(株)デンソー人事部長の加藤晋也氏、法政大学大学院教授の石山恒貴先生、明治学院大学学長特別補佐の伊藤健二先生が登壇されました。
石山氏は企業における学び促進・定着化への取り組み、石山先生は「越境的学習」の概念、伊藤先生は能動的な学習につながるインセンティブデザインについて説明され、大久保所長の司会で活発な議論が展開されました。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/roumuya/20180808#p1このブログを読む
…ということで、今回はこちらの会場をご紹介!
【 横浜中地区 】 明治学院大学 横浜キャンパス(2018年8月2日)
JR・市営地下鉄「戸塚駅」に
at.webry.info studyroom-aim.at.webry.info/201808/article_1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「明治学院大学」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「明治学院大学」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.