ブログから、話題を知る、きざしを見つける

122日(土)に語られた金沢大学といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「金沢大学」について語っているブログ
お二人の基調講演の後は公開講演が2本ありました。
金沢大学名誉教授上田正行氏の「千石喜久という詩人「日本海詩人」を視野に入れつつ」
東北大学教授の佐藤伸宏氏の「室生犀星の〈抒情小曲〉俳句と近代詩」
cocolog-nifty.com http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/pos...このブログを読む
今なぜ「満洲国」か?2017年12月2日(土) 16:11
とくに長野県が他県に比べ突出して多いのは、養蚕農家が多く、蚕糸の価格暴落の影響が大きかったという説明もある。
ところが、経済が回復してきてから農村移民が活発になっており、経済的な事情は下地を準備したものとしてあるが、地域の中心人物や教師の影響が大きかったことを明らかにしたのが『人びとはなぜ満州へ渡ったのか―長野県の社会運動と移民』 (小林信介、(金沢大学人間社会研究叢書)だ。
渡満した人、ひとりひとりにそれぞれの「満洲国」があり、それはまるごと体験として受け止めるしかない。
at.webry.info http://uchidabunko.at.webry.info/201712/article_1.h...このブログを読む
↑詳しくは コチラ
金沢大学 浅野秀重教授の講義を受講してきました
(かほく市七塚生涯学習センター)
ameblo.jp http://https://ameblo.jp/sawako-tsukamoto/entry-123...このブログを読む
「延元元年・建武三年・1336年」後醍醐天皇吉野に南朝を開く。)
金沢大学日本海域研究所報告第九号別刷」の【白山大地震により埋没した「帰雲城」と「木舟城」 安達正雄著】という論文に「石黒氏系図」の研究が掲載されている。
安達氏は(1)藤原利仁を祖とするもの (2)波利古臣を祖とするもの (3)大伴家持を祖とするもの 等があるとされ、詳細な系図を示された。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/magohati35/e/ed7d8e6a534dcf3a...このブログを読む
この場所には金沢大学があったが移転した。
金沢大学といえば 数々の思い出がある。
この大学出身の 同僚が二人おられた。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kikilala_nyanko/e/1d1cdee76fb...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「金沢大学」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「金沢大学」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.