ブログから、話題を知る、きざしを見つける

822日(火)に語られた石清水八幡宮(京都府)といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「石清水八幡宮(京都府)」について語っているブログ
地蔵盆と法要2017年8月22日(火) 21:23
地域の守り神であり、延命、治病、息災、安産、育児、豊作等
にわたる願望から多くの俗称で呼ばれています。、 石清水八幡宮の門前町として栄えた集落中央部の生け垣に
囲まれた地蔵堂には多くの石仏が祀られています。
cocolog-nifty.com http://takesann.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post...このブログを読む
宇佐神宮2017年8月21日(月) 11:33
しかし目の覚めた称徳天皇により、道鏡は下野国(栃木県)の薬師寺に流され、清麿は許されて京に帰り、その後は順調に出世して最後は「造平安京長官」(平安京を造成する中心人物)にまでなっている。
宇佐神宮は全国に4万社はあるという八幡社の総本山で、中古以降は宇佐神宮の分社である石清水八幡宮(男山八幡)のほうが都に近いためむしろここからの分祠のほうが多いようであるが、とにかく欽明天皇の時代(西暦550年のころ)に大神の比義という神官が「広幡八幡童子」の示現を体験し、その童子を祭ったのがこの八幡様総本山のいわれである。
いま宇佐神宮の本殿は「一之御殿」「二之御殿」「三之御殿」と三社があり、大神の比義の祭ったのが「一之御殿」の「八幡童子」で、これは応神天皇のこととされている。
cocolog-nifty.com http://kamodoku.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post...このブログを読む
館宮坂城(栃木県益子町)2017年8月21日(月) 02:00
伝承の真偽やその他の歴史は不明であるが、いずれにしても益子氏の重臣の城であったものだろう。
尚、城の南西に鎮座している北中八幡宮の社伝では、「平安末期の治承年間(117780年)に益子城主益子因幡守之宗の子孫石岡三郎右衛門尉が平家征討から帰還した後、石清水八幡宮の御分霊を勧進して建立した」とされており、北中八幡宮が位置的に館宮坂城の裏鬼門に当たることから、この益子氏庶流の石岡氏の居城であったとも考えられる。
館宮坂城は、国道123号線と芳賀広域農道が交差する北中交差点の北東にある、標高122m、比高3040m程の丘陵地に築かれている。
blog.so-net.ne.jp http://atenzasports23z.blog.so-net.ne.jp/2017-08-21このブログを読む
意味:何事も何か行動を起こさなければ何も得ることができない。
写真は、京都の石清水八幡宮の境内に2016年12月に掲示されていたもので、新年の初めにふさわしい言葉はないかといろいろ探している中で、見つけました。
そして、この言葉は江戸時代の著名な浮世草子作者の井原西鶴が、著書の「日本永代蔵」の中で書いている言葉だそうです。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/spvk3am9_2015/e/cd06348475e88...このブログを読む
浄・明・正・直♪2017年8月18日(金) 22:42
これは貞観元年(八五九年)に宇佐八幡宮に参詣した僧行教が、宇佐の神から「都の近くに移座したい」との御宣託を受け、京都の「男山山頂」に創建したのが「石清水八幡宮」であると、縁起に残っています」ってホンマでっかぁーっ?
でもって「八幡神=応神天皇とされ、朝廷や仏教と結びついたことで、「石清水八幡宮」は伊勢の「神宮」に次ぐ第二の宗廟とされ、皇室からも格別な信仰を集め、歴代天皇や上皇の行幸が煩雑に行われました」とな…石清水八幡宮ってそんなに格式高い神社だったとは知りませんでした…
も一つ、神道パネェでは、吉田神道もキタコレになるのだろぉか?
cocolog-nifty.com http://eq.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-df90....このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「石清水八幡宮(京都府)」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「石清水八幡宮(京都府)」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.