ブログから、話題を知る、きざしを見つける

121日(日)に語られた日高のり子といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「日高のり子」について語っているブログ
アニメの初回こそ違和感が面白いと感じたが、3話目になると慣れもあるのか若本さんでも面白いとは感じなかった。
日高のり子のカツ丼食えよはいい物を聞かせてもらえたと個人的に思っているけども。
cocolog-nifty.com tumaranu-omoshiro.cocolog-nifty.com/blog/201...このブログを読む
恒例のカフェ巡り2018年1月17日(水) 01:44
特に「ポプテピピック」がもうホント最高!
初回から主役声優で大塚芳忠さん持ってくるし、三ツ矢雄二さんと日高のり子さんのタッチコンビ、2話では古川登志夫さんと千葉繁さんだなんて、卑怯すぎるわ!!
音楽もなかなか良くて、OPとED、そして挿入歌もすごく好みです!
teacup.com red.ap.teacup.com/yagichu/1226.htmlこのブログを読む
このことは、第二話冒頭の手抜き画像塗り残しパートで予想通りの実写映像だけでなく、声優二人の姿が映し出されている点を見ても意識的であることが理解されるだろう(何せ夫婦まで出てくるほどだ!)。
つまり、単に女性キャラを男性キャラに演じさせるとか、大御所に珍妙なセリフを言わせるとかいった面白さだけでなく、これまでに存在した著名なバディが二人を演じるという面白さが同時に存在している(もちろん大雑把な配役ではなく、「日高のり子がサ〇キではなくト〇ロに扮している」というズレ、「ラディッツを羽交い絞めにするのが悟空ではなくピッコロである」というズレといった心憎い演出が含まれていることにも注意を喚起しておきたい)。
それだけでなく、ここが最も重要なのだが、たとえ誰が演じたとしても、ポプ子とピピ美がバディであることは不変・普遍であるという「関係性」の刻印がなされているのである(「おそ松さん」の例が典型的だが、女性の消費行動・視点において関係性というものがしばしば重視されているということも付言しておく)。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/sumeshi_gigoku/e/9b91ad4684bb...このブログを読む
「らんま1/2」のあかね。
幅広い世代で親しまれているノン子こと日高のり子様。
驚きだったのは、ETCカードの音声も担当していたことだww。
at.webry.info utsub1957.at.webry.info/201801/article_5.htm...このブログを読む
1月14日(日)のつぶやき その42018年1月15日(月) 02:42
1話:江原正士さん 大塚芳忠さん
:日高のり子さん 三ツ矢雄二さん
2話:悠木碧さん 竹達彩奈さん
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/notte-/e/9ccfd8d5b01f8b82c7f5...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「日高のり子」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「日高のり子」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.