ブログから、話題を知る、きざしを見つける

122日(月)に語られたフィンランド旅行といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「フィンランド旅行」について語っているブログ
高木俊介/岡田愛訳)
フィンランド訪問中もこの本は旅行カバンに入れて持ち歩いていた。
今も貴重な入門書として持ち歩き、OD,ADの文章を書くときの参考にしている。
teacup.com sky.ap.teacup.com/shojinaoko22/173.htmlこのブログを読む
ウインターコンサート♪2018年1月22日(月) 00:05
姪夫婦からチケットを頂いていたので、「平塚フィルハーモニー管弦楽団」の「ウインターコンサート」を聴きに行ってきました♪
ニールセン、シベリウス、チャイコフスキー、(三人とも冬には厳しい寒さとなるデンマーク、フィンランド、ロシアの生まれです)
「今の季節にふさわしい選曲」と、姪が言っていたことで、10年前に「北欧」を旅したことを思い出しました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/loveharusan/e/47a6b35edec2d54...このブログを読む
ニルスとムーミンとピッケと2018年1月21日(日) 08:54
読売新聞(2018/01/19)「書籍は1994年発行の「ムーミン谷への旅」(講談社)。
同書には一方で、「ムーミン谷は、スウェーデンの祖父が住むしあわせな谷と、フィンランドの島々とがいっしょになって(中略)できたものです」との原作者コメントも掲載されている。」
1によるクレームも、例えば読売新聞(2018/01/13)のように多かったようですが、こんな文句を言ってるようではこれからの入試には対応できませんね。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/diamonds8888x/e/53076f98d808a...このブログを読む
ムーミン2018年1月20日(土) 23:13
そう思った瞬間、あなたはもうムーミン谷の住人なのです」という作者トーベ・ヤンソンの発言をひきつつ、「現実とは別のファンタジーの世界」に落ち着いた(もっとも今回の出題は、図版から見て、原作ではなく1969年に放映されたアニメについて尋ねたもので、当時のアニメ版の資料が残っていないことから、「その舞台がフィンランドと設定されているのかどうかは、第三者の検証に委ねたいと思います」「疑問が早期に解決することをお祈りしています」と真面目に締め括っている)。
在日フィンランド大使館の広報は「ムーミンが注目されることはうれしい。
ムーミン谷は物語を愛する皆さんの心の中にある」と粋にコメント、在日スウェーデン大使館の広報は「北欧が取り上げられ、旅行先として周知されるのは喜ばしい」と現実的にコメントしたらしい。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/mitakawind/e/ad3e61f361068408...このブログを読む
『希望のかなた』2018年1月19日(金) 20:51
『レニングラード・カウボーイズ』 の頃から観てきたカウリスマキ節を感じて ほっとした
そして自分自身フィンランドを実際に旅してから 初めて観るカウリスマキ作品でもあり
2年前にたった数日間滞在しただけだったが
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kzran/e/1e5064966feea8234d1fa...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「フィンランド旅行」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「フィンランド旅行」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.