ブログから、話題を知る、きざしを見つける

319日(火)に語られたドイツ旅行といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ドイツ旅行」について語っているブログ
Deutschland・簡易さと困難2019年3月19日(火) 00:00
ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。
ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。
ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。
cocolog-nifty.com oagknyrngchchaes.cocolog-nifty.com/blog/2019...このブログを読む
それでいてなぜか安心できる場所なのです。
ドイツ旅行の印象深い出来事としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。
指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。
cocolog-nifty.com gr4eju2gqeisxmaknnam.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
ドイツ文化・情熱の旅路II2019年3月18日(月) 16:20
バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。
ドイツの旅の想い出としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。
ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。
cocolog-nifty.com rifheoeencmathbnevh1.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
ドイツ語・哀愁の思い出2019年3月18日(月) 14:30
ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。
ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。
ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。
cocolog-nifty.com geelnoyanugraufokm.cocolog-nifty.com/blog/20...このブログを読む
ドイツ旅行の貴重な体験としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。
ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。
歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。
cocolog-nifty.com st1h4eanclfleetoeue3.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ドイツ旅行」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ドイツ旅行」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.