ブログから、話題を知る、きざしを見つける

110日(水)に語られたキム・ミョンミンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「キム・ミョンミン」について語っているブログ
ブツ鑑賞は続く2018年1月10日(水) 22:55
「好き〜」って思う俳優さんは出てなかったが、上手な人達が出てるから、なんとか最後まで観れた、いや、途中で、こんな暗いお話し、勘弁よ〜って思ったけどね(笑)
『エンドレス 繰り返される悪夢』、キム・ミョンミンさんの熱演が素晴らしい!
そして、『六龍が飛ぶ』のバンジことピョン・ヨハン君(≧▽≦)
teacup.com angel.ap.teacup.com/6vic911aimar3/4256.htmlこのブログを読む
連続殺人事件を解決するために彼は結局脱科学捜査に突入、怪魔に対する手がかりを見つけるために手段と方法を問わない軍艦島 DVD 。
キム・ミョンミンは『朝鮮名探偵:吸血怪魔の秘密』がシリーズ史上最も強力な面白さをプレゼントすることを自信した。
「今までの方式とは全く違うキム・ミンの捜査を見ることができるだろう」と、伝えた。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/vitaries/e/6cf31538b91e584a50...このブログを読む
ラストはちゃんといい方向に向いてよかったですし、「ハル」ということがちゃんと伝わる結末でよかったかな
1時間半の映画だったので見やすかったし、3人の俳優さん(キム・ミョンミンさん、ピョン・ヨハンくん、ユ・ジェミョンさん←ここでも)の迫真の演技が光る映画だったと思います
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ayahana1999/e/b6bb21ee06e545f...このブログを読む
高麗という巨悪に立ち向かって動き出した六龍の物語を描く同作は、朝鮮の柱を立てた鉄血君主イ・バンウォンを中心として、6人の人物の野望と成功のストーリーを描くファクション(事実(Fact)と虚構(Fiction)とを織り交ぜた作品)時代劇だ。
キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、ピョン・ヨハン(タンセ/イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)などが出演する。
同日、イ・バンウォンはプニの兄であるタンセを助ける過程で閉じ込められていたチョン・ドジョンと出会った。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/loveangle_2015/e/0ebf1226ec8b...このブログを読む
六龍が飛ぶRoots of the Th...2017年12月14日(木) 16:19
イ・バンウォン(少年時代)役:ナム・ダルム 『華政ファジョンThe Princess of Light』『怪しい家政婦』『馬医』
チョン・ドジョン役:キム・ミョンミン 『ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー』
プニ(少女時代)役:イ・レ 『グッバイマヌル〜僕と妻のラブバトル』
teacup.com pink.ap.teacup.com/iika/10762.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「キム・ミョンミン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「キム・ミョンミン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.