ブログから、話題を知る、きざしを見つける

525日(木)に語られたオルガンといえば…

学校
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「オルガン」について語っているブログ
ホアン・ボロナット・サンス(オルガン)
ダニエラ・ドルチ(オルガン)
指揮:ダニエラ・ドルチ
blog.so-net.ne.jp http://corispezzati02.blog.so-net.ne.jp/2017-05-25-...このブログを読む
マールク・ブブノー(ティンパニ)
ヤーノシュ・メゼイ(オルガン)
指揮:ヤーノシュ・メゼイ
blog.so-net.ne.jp http://corispezzati02.blog.so-net.ne.jp/2017-05-25このブログを読む
どこがって、低音と高音ですけどかなりマニアックな聴き方になるでしょう。
途中で出て来るオルガンのペダル音は目立ちますけど、最後にも少し出て来たか出てこないかあやふやだったのですが、このプレーヤーとヘッドホンの組み合わせだとすぐに分かります。
ヘッドホンの特性がよく分かります。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/automaton31/e/bd13ae2abe13b49...このブログを読む
生々しくて強すぎる、音楽が。
1楽章などオルガン的でさほど印象に残らないが、このへんになってくるとけたたましい弦と常套的な動きをみせる管楽器の絡み合いに独自の構造があらわれて面白い。
神々の遊びといったかんじだが、メシアンてカトリックだよね。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/fbdc0fb24862166a930fa...このブログを読む
鍵盤の音出しをして想う2017年5月25日(木) 15:11
少なくとも私が知っているようなピアノの音大生徒程度ならばそもそもピアノなど要らないのである ― かの兼常清佐の有名な「猫が鍵盤の上を歩いても同じだ」という痛烈な皮肉を繰り返しておこう。
少し運指なども練習したいと思わせるほどに、楽譜を読み込んでおけばこのようなピアノでもかなり音楽が出来るのは確かであり、イングリッシュホルンなどの旋律やペダルの無いオルガン程度などはこれで充分に表現できそうだ。
ピッチの調整やその他の音の微調整の可能性も可成りあり、正直音合わせのつもりで購入したが、和音も問題なく響かせて、更に様々な楽器のアーティキュレーションも試してみることが出来そうで、ピアノ譜にあたるというよりもどうしても総譜から弦楽器ならば弦調や奏法などにもどうしても思いが至るので、とても勉強になりそうである。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/1c22abc4d89793...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
学校

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「オルガン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「オルガン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.