ブログから、話題を知る、きざしを見つける

54日(木)に語られたリュートといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リュート」について語っているブログ
の声が自然に相次ぎこれで終わるのが勿体ないくらいでした。
リュートのための古風なアリアと舞曲第3組曲の第3曲の途中あたりから、若者独特の無心と気迫が見えない相乗効果を醸し始め、大きな一つの響きになっていくさまが圧巻でした!
音楽的な言葉では表しきれない素晴らしさがありました!
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/nobu-zemi/e/c148bf92a93c0fc51...このブログを読む
パルティータはその演奏技巧の難しさで有名であったらしい。
音楽を趣味とする新しい中流階級が生まれ、それに伴い鍵盤楽器がリュートに代わって家庭の楽器としての
地位を確保した18世紀にあって、バッハのパルティータは彼の指を基準に書かれた。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/yk1231yk/e/13b4122c849d55647b...このブログを読む
462頁もある本なので買うのをためらっていたが、図書館にあったので借りてみた。
表題に「私的」と書いてある通り、学術論文的ではなく、自分のミッション・スクール体験、出自である房総半島東岸の岩和田にドン・ロドリゴというスペイン人が難破上陸した時の交流、そして遣欧使節が秀吉の前でリュートを演奏していたらしいということからリュートを習い始め…、というように自分の体験と重ね合わせながら、当時のキリシタン迫害の実像に近付いていく、という描き方であった。
千々の悲しみ 天正遣欧少年使節の奏でた曲
blog.so-net.ne.jp http://hobot2.blog.so-net.ne.jp/2017-05-03このブログを読む
*絵画による復興支援
3.田村文子さんが語りかけるみちのく昔話と鈴木健治氏のリュート演奏がハーモニーになって特別養護老人ホームの入所者の心を癒しています。
4.仙台市姉妹都市の国際交流事業は、仙台リバーサイド交流連絡会において継続され国境の垣根を越えて人々の心を癒しています。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/midorinoyakatakaiga/e/0ce7b3c...このブログを読む
ギターによる音楽2017年5月2日(火) 23:10
ギターはその形、フレットの押え処で音を作ると言う性質上、『曖昧とゆらぎ』が避けられないから。
つまりそうなんだ、リュートやギターは本来弾く人自身の為の楽器だ。
モノローグの為の楽器なのだ。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/tsukihoshihi77/e/bd0641d80504...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リュート」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リュート」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.