ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1027日(土)に語られた水戸の旅(茨城)といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「水戸の旅(茨城)」について語っているブログ
転校生の特典2018年10月27日(土) 00:59
いつもの旅ならば、漠然とではあるが、その旅における「意味づけ」というものがある。
水戸に行くならば「吉方の力を全身で受け止める」ことであり「旅マラソン」ならば「思い出に残るような、いいレースをする」といったことだ。
いつか五島に行きたいというのは、数十年前から思っていた。
cocolog-nifty.com silabel.cocolog-nifty.com/note/2018/10/post-...このブログを読む
私の気になる一枚のポスター88の"SBのサポーター"になるとは、地域やテーマコミュニティで絆をつくるはじめの一歩のことです。
今回の茨城県の水戸講座のポスター紹介で、ちょうど88枚目のポスターです。
このポスター紹介は、細内所長の旅日記の画像版として、分りやすい紹介方法の一つであると思っています。
cocolog-nifty.com cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/88-2...このブログを読む
[旅行]プレジデントホテル水戸2018年10月21日(日) 06:31
旅行
今回の旅行、ひたち海浜公園のある勝田で宿泊ではなく、水戸にしました。
いや、厳密にはせざる得なかったという感じなんですが・・・
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/jranar/20181019/1540071107このブログを読む
3冊目の本を造る2018年10月19日(金) 12:46
思えば最初に造った「往時渺茫」という本は小生の祖父と父の兄弟について記したもので、子供世代や孫世代に先祖の事を少しは身近に感じられるようにと思い、父とその兄弟が取り交わした若き日の書簡や、祖父の事績を子供から見て感じた書類などをメインにしてまとめた本だった。
翌年の「幕末の水戸藩」は生まれ育った茨城の幕末の出来事を、天狗・書生の事跡をたどって、水戸周辺ばかりでなく筑波、栃木、中山道から敦賀まで、また会津から新潟、更に千葉までの旅をまとめた本だった。
そして今回は「おくのほそ道」である。
cocolog-nifty.com ibaichi45.cocolog-nifty.com/blog2/2018/10/3-...このブログを読む
内藤礼を見に水戸へ行く2018年10月6日(土) 07:16
水戸芸術館に内藤礼の個展を見に行った。
水戸は東京駅から1時間15分ほどかかるが、十分にその旅の価値のある展覧会だった。
私は今年ナンバーワンの展覧会は「縄文展」だと思っていたが、これに覆された。
cocolog-nifty.com images2.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「水戸の旅(茨城)」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「水戸の旅(茨城)」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.