ブログから、話題を知る、きざしを見つける

721日(土)に語られた神戸の旅(兵庫)といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「神戸の旅(兵庫)」について語っているブログ
周辺物販の提供手法も問われる。
例えば、神戸には、立ち飲み喫茶があるが、そういう気軽なものが外国人旅行者には求められる。
昼食は簡易に済ましたい外国人も多い。
cocolog-nifty.com ryufuu.cocolog-nifty.com/hibinokaze/2018/07/...このブログを読む
6-47)大当たり2018年7月19日(木) 19:48
初期の香港旅行で水は飲めなかった。
誘ったのは彼が中華料理が好きで、神戸を含む関西の名店をよく知っていてこのお相伴に預かった。
彼の味覚の確かさには一目も二目置いた。
cocolog-nifty.com team-hawaii.cocolog-nifty.com/blog2/2018/07/...このブログを読む
さあてと、、、2018年7月19日(木) 07:57
仕方ないのかな?
なんて感じながら神戸を去るのでありました。
旅終了!
at.webry.info yabusaka.at.webry.info/201807/article_16.htm...このブログを読む
檜枝岐から尾瀬へ その12018年7月18日(水) 16:42
西日本が大変な大雨災害にみまわれている中、少々恐縮に思いながら、尾瀬に旅行してきました。
昔、神戸大地震の時は実家が明石大橋の見える舞子にあって両親が住んでいたため、夜中に車で必死に駆けつけたものですが、今回の災害では被害に遭っている親族もなく、ボランティアとして行こうにも体力的にも全く無理、予定どおり旅行しながら見守ることにしました。
尾瀬は数回行っているけど、今回は檜枝岐から入ることにしました。
at.webry.info bokunoniwatotabi.at.webry.info/201807/articl...このブログを読む
利休茶室で知られる妙喜庵・待庵があるJR・山崎駅から徒歩7分程で辿り着く今年・2018年に90歳を迎える「聴竹居」は、京都・大山崎の天王山中腹の木立に囲まれた閑静な敷地に今や時代の注目を集める環境の中でもひっそりと佇んでいた。
設計者である建築家・藤井自身が「家を建てる事=旅行」とたとえた「建築の旅」は1913年東京帝国大学を卒業し、竹中工務店に入社・在籍していた1915年に母親と住む第一回住宅(二階建て)を兵庫県神戸市石屋川に自邸として完成させた事から始まる。
広島県福山市の生家である老舗造り酒屋「くろがねや」を幼くして継いだ二歳年上の十二代目の兄から恵まれた財力の援助を受け、「日本の住宅の理想形」を求める旅が第二回住宅から第五回住宅まで新たな大山崎の地へと続けて行くのである。
at.webry.info mirai-wood-archi.at.webry.info/201807/articl...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「神戸の旅(兵庫)」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「神戸の旅(兵庫)」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.