ブログから、話題を知る、きざしを見つける

426日(水)に語られたイギリスといえば…

経済
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イギリス」について語っているブログ
[watch][sankei]断頭台上の...2017年4月26日(水) 14:56
マリーヌ・ルペン氏が大統領になり、移民排斥・EU離脱を実行する可能性が半々に近くなりましたが、我々部外者は黙って見ているしかありません。
米国や英国の現状を見ると切実な危惧を抱かざるをえないとしても。
で、「産経抄」は、そうなってほしいんですかねどうなんですかね。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/pr3/20170425/1493186161このブログを読む
ピカデリーサーカスのマクドナルドで偶然出会った3人がその後どうなるのか。
イギリスのサッカー事情、アフリカとヨーロッパの格差、消費社会など、いろいろ考えさせられる面白い短編です。
プレミアリーグのチーム名、アフリカの国名など日本語表記の通例を調べるのが大変でした。
cocolog-nifty.com http://higanao.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-...このブログを読む
◎インフォテリアが英国企業を買収
インフォテリアが4月20日に英国のデザイン戦略コンサルティング
会社This Placeを子会社する。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/sierouentai/e/d0162fbd58e1269...このブログを読む
(しかし、イギリス軍には、その後2つの「天佑」が訪れる。
第1は、インド共産党の独立派への裏切りであり、第2は、日本軍の戦略ミス、つまり、インド進軍を陸路インド・ビルマ国境を超えで強行しようとして失敗したこと(インパール作戦)、などに助けられて、イギリス軍のインド支配は簡単には覆らなかった)
日本の敗戦と同時に、スパス・チャンドラ・ボース氏とともにインド独立を戦った将兵は故国に引き揚げてきた。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/kobayaciy/20170423/1492927406このブログを読む
松尾貴史の憂愁2017年4月26日(水) 13:40
政治家と官僚を、コロセウムで格闘させる、そういう劇場型民主主義を育てないと・・ これが三権分立の民主主義でしょう
実は、「議員内閣制」は、騎士道・紳士道・キリスト教が国王の下に統率される「英国」に適するシステム設計だった
明治維新で日本はそれを猿真似し、敗戦から新日本を設計する時これを踏襲した
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/l_atelier60sadako/e/3c5f67eee...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
経済

政治

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「イギリス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イギリス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.