ブログから、話題を知る、きざしを見つける

213日(火)に語られたベルリオーズといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ベルリオーズ」について語っているブログ
◇クラシック音楽◇新刊情報2018年2月13日(火) 08:04
訳者:森内 薫
ブラームスが一躍有名となり、ベルリオーズとワーグナーは長い沈黙を経て作曲活動を再開し、シューマンは作曲家としての活動に終止符を打つことになった1853年は、音楽の歴史に新たな幕が開かれた記念すべき年である。
同書は、それぞれ「新しい道」を歩み始めた音楽家たちの交流の軌跡を追い、来たる盛期ロマン派音楽の胎動を臨場感たっぷりに伝える。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/classic_2007/e/dddb711d4a7cea...このブログを読む
・サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 op.22
ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」 op.9
・デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
yaplog.jp yaplog.jp/tuinya/archive/3693このブログを読む
絵本2018年2月12日(月) 16:20
koimaru_yokosuk ()
(ベルリオーズは第1巻目のレイチェルの絵本を読んだ)
Ber_elona_bot ()
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/x6parnj/e/afbe3c6ac7553d287b1...このブログを読む
言語の影響力2018年2月10日(土) 19:31
メロディーラインもドイツ語のリズムをどこか感じさせる
言語の影響はドイツ人だけでなく、フランス人の音楽はドビュッシーやフォーレやベルリオーズの音楽は
メロディーラインがドイツのようにゴツゴツしていなくて、ふわっと繋がる感じ
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/bitte1107/e/e35b5daf88a249d6c...このブログを読む
[連続講演選曲リスト]2018年2月10日(土) 10:56
〜心象風景としての野原〜
ベルリオーズ:幻想交響曲 〜第3楽章「野の風景」 ※約15分
ピエール・ブーレーズ指揮 クリーヴランド管弦楽団
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/eaglegoto/20180210/1518227787このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ベルリオーズ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ベルリオーズ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.