ブログから、話題を知る、きざしを見つける

22日(土)に語られたビゼーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ビゼー」について語っているブログ
私自身は、いくつかの楽譜をダウンロードして、吹いて楽しんでいます。
例えばビゼー作曲カルメンから「アルカラの竜騎兵」、ブラームス作曲のハンガリア舞曲第4番、ドヴォルザーク作曲のロンド Op.94、バッハ作曲フランス組曲第3番「メヌエットとトリオ」、ムソルグスキー作曲「展覧会の絵」から「古城」などです。
有名曲もたくさんありますので、こうした楽譜を使うことで、楽しみながら練習をすることができます。
cocolog-nifty.com flvc-itoyasuki.cocolog-nifty.com/blog/2019/0...このブログを読む

ビゼー オペラ《カルメン》より
前奏曲
cocolog-nifty.com musickp.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/analo...このブログを読む
6人のうち,カンタさんだけは常に最高音を担当し,それ以外のメンバーは曲によって低音部に移ったり,中音部に移ったり...「席替え」をしていました。
前半はグリーグの「ホルベアの時代から」,ヨハン・シュトラウスの「こうもり」序曲,ビゼーの「カルメン幻想曲」ということで,もともとはチェロ・アンサンブル用ではない曲が演奏されました。
曲自体,親しみやすい名曲ばかりだったこともあり,チェロだけでどれだけにオリジナルに迫れるかという面白さを感じました。
cocolog-nifty.com oekfan.air-nifty.com/news/2019/01/oek-c965.h...このブログを読む
岩佐美咲 2019.1.26 at 東京...2019年1月28日(月) 00:00
個人的にこういったラテン調歌謡曲がたまらなく大好きなのですが、日本の大衆歌謡(演歌でも歌謡曲でもなんでも)のなかにラテン・タッチが抜きがたく浸透していることは、以前、美咲関連の記事で強調しました。
直接的にはビゼーの「カルメン」由来でしょうけれど、それがそもそもキューバのアバネーラからもらっているものなのです。
http://hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-ffcb.html
cocolog-nifty.com hisashitoshima.cocolog-nifty.com/blog/2019/0...このブログを読む
松田華音のアンコールはチャイコの踊りの情景。
後半はビゼーのアルルの女とオッフェンバックの舟歌。
こちらも大サービスでとても楽しめました。
asablo.jp sheltie.asablo.jp/blog/2019/01/26/9029657このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ビゼー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ビゼー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.