ブログから、話題を知る、きざしを見つける

217日(日)に語られたバーンスタインといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「バーンスタイン」について語っているブログ
アカデミー賞では10部門受賞
レナード・バーンスタイン作曲「プロローグ」
指揮:井上さん(名前メモできず)
cocolog-nifty.com okuyamat.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/1902...このブログを読む
立奏の「悲愴」はオーケストラ全体が一つの有機体となり、大きなうねり/ グルーヴ(groove)を感じた。
立奏は吹奏楽のマーチングに繋がるし、ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オケによるバーンスタイン「ウエストサイド物語〜マンボ」のパフォーマンスを想起させた(熱狂の映像はこちら!)。
第2楽章は儚く、息も絶え絶え。
cocolog-nifty.com opera-ghost.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/p...このブログを読む
もしかして、バーンスタインはチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」へのオマージュとして、さらにもしかして、シェイクスピアへのオマージュとしても、チャイコフスキーの序曲からその音型を引用したのかもしれない、と思った。
あるいは、たまたまその音型を書いてしまったのか(バーンスタインがチャイコフスキーのこの曲を知らなかった、ということはなかったと思う)、創作の秘密がどこにあるのかはわからないのだけれど。
動画サイトでチェリビダッケ&ミュンヘン・フィルの新世界を見た。
cocolog-nifty.com ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/p...このブログを読む
まあ、この調子で全幕聴きたいとは思ったのだけど、第2幕だけ演奏するってことで題名役二人は全力投球であったから、これはこれでよかったかなと。
昔、バーンスタインがトリスタンの録音を一日1幕づつライブ録音したのを思い出す。
どの幕を単独で取り出しても素晴らしいのだから、他の日に1幕だけとか3幕だけとかやってほしいな、このメンバーで(マルケ王は別の人がいいかな)。
cocolog-nifty.com naoping.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-...このブログを読む
私はたぶん人並みに(?)、交響曲第2番からです。
カラヤン&BPO盤(DG)ではピンと来なかったのが、バーンスタイン&VPO盤を聴いて、一気に好きになりました。
(ただし、今聴くと、クドい気がします。)
cocolog-nifty.com francesco-clara.cocolog-nifty.com/blog/2019/...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「バーンスタイン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「バーンスタイン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.