ブログから、話題を知る、きざしを見つける

926日(水)に語られたヘンデルといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヘンデル」について語っているブログ
ヴィヴァルディならどんなオーケストレーションになるかと思って、不満を和らげる。
ファソリス、ファジョーリをもってしてもヘンデルヘンデルだった。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/panacho/20180926/p1このブログを読む
ポール・クロスリー、そしてバーブラ・ストライザンドの「クラシカル・バーブラ」から
ヘンデルのオペラ「リナルド」からのアリア「私を泣かさないでください」をCDで。
cocolog-nifty.com harumochi.cocolog-nifty.com/horn/2018/09/pos...このブログを読む
3. レパートリーについて
今日のオーケストラで演奏される曲目のうち、その曲が作曲された時にナチュラルトランペットが使われていたレパートリーには(ヘンデルやバッハなどのバロック音楽を別にすると)18世紀後半から19世紀初頭の古典派の曲がある。
作曲家で言えばハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンのウィーン三大古典派の作品は全て該当する。
cocolog-nifty.com prius.way-nifty.com/nakanakaya/2018/09/post-...このブログを読む
元祖 8番はこれ!2018年9月17日(月) 14:13
音楽界も、好まれる音楽、コンサートや劇場で取り上げられる作品、好んで録音され、CDも売れる作品、そのあたりの変遷が、ここ数年際立って変貌してきていると思われる。
ヴィヴァルデイから、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルトまでは、古楽的な演奏様式が多くなり、通常のオーケストラスタイルでは取り上げられにくくなり、古楽に通じた指揮者がピリオド奏法を活用して、その任にあたったりするか、古楽オーケストラでしか聴けないような、そんな風潮。
常設のオーケストラコンサートの、メインは、いまや人気曲の常連、マーラーやブルックナー、R・シュトラウスを主体とする、20世紀以降の大規模かつ、自己主張の多い作品ばかり。
cocolog-nifty.com wanderer.way-nifty.com/poet/2018/09/post-fbf...このブログを読む
本番よりもヴィブラートが割増で、演奏家のテンションを感じる。
次があればドヴォルザークの管楽セレナーデか、ヘンデルの王宮の花火の音楽を4オケの管楽奏者総出でやってほしい。
本公演の参加メンバーは画像参照。
cocolog-nifty.com technology77285.cocolog-nifty.com/blog/2018/...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヘンデル」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヘンデル」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.