ブログから、話題を知る、きざしを見つける

922日(土)に語られたモーツァルトといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「モーツァルト」について語っているブログ
10月13日は、私のオペラ指揮デビューとなる和歌山県民文化会館での「オペラへの招待状〜魔笛〜」公演の前日で、人の演奏会の応援をしている場合ではないのですが、幸い、夜の公演なので、オペラの最終舞台稽古を終えて、私もメディア・アート・ホールに駆け付けるつもりです。
本場ドイツの一流奏者たちによるモーツァルトのコンサート・アリアの翌日に「魔笛」を同じ和歌山で聴ける機会など滅多にありません。
お得なセット・チケットも用意されているとか・・ 両方の会場にてお目にかかれるのを楽しみに致しております。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/Enka/20180920/1537578846このブログを読む
また、古楽を専門に演奏する団体もたくさん創設され、日本でもバッハ・コレギウム・ジャパンやオーケストラ・リベラ・クラシカ、東京モーツァルト・プレイヤーズなどが、古楽器を使った専門団体として演奏会やレコーディングで積極的に活動しているのはみなさんご存知の通り。
ところが、最近では古楽器オーケストラでなくても、ベートーヴェンやモーツァルトなどの古典派のレパートリーでは、トランペットとティンパニについては古楽器を使用する団体が増えている。
一番先行していた例は2006年、パーヴォ・ヤルヴィと初来日したドイツ・カンマーフィルハーモニーのベートーヴェンの交響曲チクルスだった。
cocolog-nifty.com prius.way-nifty.com/nakanakaya/2018/09/post-...このブログを読む
ドイツ文化・苦難と克服2018年9月22日(土) 08:30
その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。
ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。
ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。
cocolog-nifty.com anamrdtc8sveeqmcras5.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
深夜ワインはイタリアのキアンティ。
音楽はモーツァルトの交響曲。
秋の夜長の羽曳野丘陵です。
cocolog-nifty.com baudelai.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post...このブログを読む
2018年9月21日、サントリーホールで読売日本交響楽団のコンサートを聴いた。
曲目は前半にモーツァルトの「後宮からの逃走」序曲とピアノのピョートル・アンデルシェフスキが加わって、ピアノ協奏曲第24番。
後半にブルックナーの交響曲第4番(2004年版コーストヴェット校訂版)。
cocolog-nifty.com yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「モーツァルト」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「モーツァルト」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.