ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1022日(日)に語られたモーツァルトといえば…

音楽感動した
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「モーツァルト」について語っているブログ
最高の席でこの曲を聴かせていただいたような気がいたします。
私の盟友稲垣聡さんもモーツァルトのピアノ協奏曲「ジュノム」も本当に素晴らしかった!
これもいなちゃんの素晴らしい音に対して、また人数からは想像つかないゴージャスなオーケストラの響き。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/nakagawakenichi/e/96ced40bea3...このブログを読む
「会議の間」、ゴブラン織のタペストリーが飾られ、緻密な寄木細工の床が美しい
「謁見の間」、若き日のモーツァルトも演奏した
250人を収容できる「騎士の間」、謁見を立ったまま待たされた「控えの間」、などなど部屋数は全部で
cocolog-nifty.com http://hama-1987.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/95-...このブログを読む
ご存じのように、「アカデミー室内管弦楽団」は、サー・ネヴィル・マリナーによって1959年に設立された英国を代表する室内オーケストラで、同氏の指揮によって数々の名演奏を世に送り出したことで知られている。
例えば、映画「アマデウス」のサウンドトラックを担当し、普段はクラシック音楽を聴かない人々にも、モーツァルト音楽の魅力を知らしめた。
この演奏会では、プログラムの最後に、コンサートマスターのトモ・ケラー氏が、マリナーに対する追悼の辞を述べるとともに、同氏を偲んで、「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」が特別演奏された。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/ezofukurou588/e/eac231bfe28d6...このブログを読む
今週の『プレミアムシアター』は深夜24時より!
今年7月にザルツプルグ音楽祭で行われた、ムジカエテルナ「モーツァルトのレクイエム」を、ギリシャ出身の鬼才テオドール・クルレンツィスが指揮。
その独特な演奏ぶりが大きな話題となりました。
cocolog-nifty.com http://yukimizuki7.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/p...このブログを読む
「あの頃みたいにさ」
神童と呼ばれたモーツァルトも、人の子だったのだと。
アマデウスがサリエーリを含むフリーメーソンの人たちと語らう場面があるんだけど、そこでアマデウスはバッハなどの音楽の素晴らしさを饒舌に語るの。
yaplog.jp http://yaplog.jp/jwest1219/archive/423このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
音楽

感動した

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「モーツァルト」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「モーツァルト」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.