ブログから、話題を知る、きざしを見つける

617日(日)に語られたムソルグスキーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ムソルグスキー」について語っているブログ
ロジェストヴェンスキーのLP2018年6月17日(日) 12:02
パリ管は勘どころを押えた無駄のないロジェストヴェンスキーの指揮の下で、それこそ水をえた魚のように生きがよい。
華麗なオーケストラの大家として一時代を画したリムスキー=コルサコフのオーケストレーションは――このレコードでは自作のみならずムソルグスキーにもボロディンにも及んでいるが――実際に演奏するオーケストラがうまければうまいほど、色彩的感覚に富んでいれば富んでいるほど、威力を発揮する。
ロジェストヴェンスキー指揮のパリ管は、目が眩むような鮮やかさと心も奪われるようなリズムの軽妙さによって、リムスキー=コルサコフのオーケストレーションを精彩あらしめている。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/simmel20/20180617/1529204535このブログを読む
()駅前無認可ガーデン
ムソルグスキー『組曲【展覧会の絵】』
()詐欺師のヴィーナス
blog.so-net.ne.jp higashinecoffee.blog.so-net.ne.jp/olivia_cla...このブログを読む
すると、印象主義という看板よりも、世紀末的な象徴主義の精神が前面に表れ、ドビュッシーの深淵を覗き込むかのよう。
そこには、ワーグナーやムソルグスキーといった過去が底流し、19世紀的な重力に支配され、味わい深い世界が展開される。
どこか刹那的なドビュッシーの音楽が、突如、神話のように謎めいた物語を語り出す。
blog.so-net.ne.jp genepro6109.blog.so-net.ne.jp/2018-06-11このブログを読む
プログラムの開きが右開きで、お品書きかい、、、、。
ムソルグスキー(伊賀拓郎編曲)
モスクワ川の夜明け
cocolog-nifty.com windy-sakae-yokohama.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
脳内2018年5月26日(土) 04:26
脳内
昨日、脳内でムソルグスキーの『はげ山の一夜』が鳴り響いていた。
精神的に参っていたんだねえ。
cocolog-nifty.com academic69975.cocolog-nifty.com/blog/2018/05...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ムソルグスキー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ムソルグスキー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.