ブログから、話題を知る、きざしを見つける

712日(木)に語られたムソルグスキーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ムソルグスキー」について語っているブログ
2018/07/12 NHK-FM ベス...2018年7月12日(木) 06:10
(ドイチュラントラジオ・クルトゥーア提供)
「歌劇「ホヴァンシチナ」から「前奏曲」「ゴリツィン公の流刑」「ペルシャの奴隷の踊り」」ムソルグスキー作曲(17分52秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
at.webry.info ebetunokaz.at.webry.info/201807/article_9.ht...このブログを読む
全体を通して一貫として、 絵が見えるような、
そしてその絵を見ているムソルグスキーの表情がわかるような、
そんな感覚が味わえました。
at.webry.info jinryou.at.webry.info/201807/article_3.htmlこのブログを読む
らららクラシック2018年7月7日(土) 05:53
交響詩「はげ山の一夜」
ムソルグスキー
東京フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201807/article_7.h...このブログを読む
おじさんの昼飲み 篇2018年6月27日(水) 22:25
ヒンデミット 交響曲「画家マティス」
ムソルグスキー(ラヴェル編曲) 組曲「展覧会の絵」
アンコール ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
at.webry.info nick-h.at.webry.info/201806/article_1.htmlこのブログを読む
アバドは、マーラーを通じ、その音楽の高みを晩年には、自在さと透明感の頂点に持っていったけれども、一方で、ヴェルディの演奏を聴くと、生来のアバドの根源のひとつをも感じ取らせてくれるように思います。
アバドのスカラ座との関係は、1986年に終止符を打ってしまいましたが、スカラ座からすると、ムソルグスキーやベルクばっかりに偏重する音楽監督は、芸術性の高さとは別に、大衆受けからは遠く、アバドからしたら、より自分の好きな作品を上演したいし、マーラーを主体としたシンフォニー作品をより探求したかったから、やむを得ない結末だったかもしれません。
しかし、ファンとすると、こんなに素晴らしいヴェルディ演奏、このあと数年にわたり録音されたものを今もって聴くと、本当に残念なコンビの解消だと思います。
cocolog-nifty.com wanderer.way-nifty.com/poet/2018/06/post.htm...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ムソルグスキー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ムソルグスキー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.