ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1219日(水)に語られたバッハといえば…

怖かった
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「バッハ」について語っているブログ
ドイツとドイツ語・重厚な印象2018年12月19日(水) 03:20
それ以外の区間は自由席となります。
ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。
その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。
cocolog-nifty.com oagknyrngchchaes.cocolog-nifty.com/blog/2018...このブログを読む
授業は・・・26日までですよ!2018年12月18日(火) 23:56
になり部屋で伸びていたのも今後の教訓になりました。
富山のバッハも,もう11年のつきあいになりました。
今年は奇しくもバッハアンサンブル富山との初共演の演目《クリスマス・オラトリオ》1〜3番。
cocolog-nifty.com cocologmasato.cocolog-nifty.com/blog/2018/12...このブログを読む
伶楽舎 雅楽演奏会2018年12月18日(火) 12:56
やっぱり古典が良いという結論になってしまう。
「『雅楽』の語をアルファベットで英語表記にすると『GAGACH』となり、これは音名(ソラソラドシ)におきかえることができる」として、イメージを膨らませた曲だというのだが…そのアイディアは、バッハだけが認められるのであって、あとは二番煎じの陳腐なものでしかない。
そもそも GAGACH とは綴らないと思う。
asablo.jp echo.asablo.jp/blog/2018/12/17/9013361このブログを読む
ハックルベリー・フィンの冒けん、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その11 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版、12章、ダグラス・R.
ホフスタッター著、濫読日記風 2018、その10 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20181206/p1このブログを読む
ハックルベリー・フィンの冒けん、マーク・トウェイン著、柴田元幸訳、読了、濫読日記風 2018、その11 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版、12章、ダグラス・R.
ホフスタッター著、濫読日記風 2018、その10 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20181205/p1このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

怖かった

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「バッハ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「バッハ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.