ブログから、話題を知る、きざしを見つける

921日(木)に語られたレスピーギといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「レスピーギ」について語っているブログ
若き力が結集して創りあげる熱き音楽。
第7回は、名匠秋山和慶のタクトのもと奏でられる、モーツァルトの「レクイエム」、そしてレスピーギのローマ3部作から「ローマの噴水」と「ローマの松」。
重厚かつ迫力に満ちたこの偉大な3作品に若き力で挑む。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/classic_2007/e/b8351af77fda43...このブログを読む
その伴奏合わせのための練習しなくては、今日はその練習のために一日空けておいたのでした。
まず午前中からレスピーギの「シチリアーナ」の伴奏アレンジを始める。
昨日ちょっと進めておいたので今日は比較的順調に進みました。
cocolog-nifty.com http://tuttiguitar.tea-nifty.com/tutti/2017/09/post...このブログを読む
クラシックな午後2017年9月18日(月) 15:57
レスピーギ:交響詩 「ローマの噴水」
レスピーギ:交響詩 「ローマの松」
1年振りの演奏会参加でしたがやはりクラシックはいいですね(^_-)-☆
cocolog-nifty.com http://suweteho01.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/po...このブログを読む
楽友協会コンサート2017年9月18日(月) 09:30
イタリアの作曲家で始まったが続く曲もイタリアの作曲家でレスピーギ
レスピーギといえばローマ三部作だが、今回はその三部作すべてを演奏。
「ローマの祭」「ローマの噴水」「ローマの松」の順番で演奏された。
at.webry.info http://yu-hobito.at.webry.info/201709/article_8.htm...このブログを読む
札響の迫力ある演奏にはいつもドキドキワクワクさせられてるけど、アンディ(勝手に愛称をつけてみた)の、全体的に速いテンポのエネルギッシュなコンダクトにグイグイ引っ張られて、いつにも増してキレのある、眩しい火花が散りまくる演奏になってたんじゃないかしら?
しかし一方では非常にセンシティヴな表現も見事で、レスピーギの「交響詩「ローマの松」」の「カタコンベ近くの松」での微妙な強弱の揺れには驚愕。
こーゆー表現の細やな陰影って、やっぱりオペラで鍛えられてきた指揮者の強みなのかしらねぇ。
cocolog-nifty.com http://ezomomonga.cocolog-nifty.com/kamadohime/2017...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「レスピーギ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「レスピーギ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.