ブログから、話題を知る、きざしを見つける

221日(水)に語られたレスピーギといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「レスピーギ」について語っているブログ
ニコライ・ルガンスキー」@サントリー・ホール:読響の名誉指揮者、ユーリ・テミルカーノフ指揮、ピアノにチャイコフスキー・コンクール最高位のルガンスキーをフィーチャーした音楽会。
この晩のプログラムは、チャイコの「幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ」、ラフマニノフの「パガニーニ狂詩曲」、ラヴェル「組曲『クープランの墓』」、そしてレスピーギ「交響詩『ローマの松』」。
オーケストラの出来はそれなりだったが、ルガンスキーのピアノにはラフマニノフの曲に必要な「タメ」が有り、余りにもラフマニノフ向きで嬉しく為る。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/art-alien/20180220/1519140640このブログを読む
待望のバッティストーニ&大阪フィルの定期演奏会。
演目はレスピーギ「ローマ三部作」。
当初、本番を聴くことは諦めていたのだが、定期2日目の土曜日、混声合唱団ヴォイス(厚木市)の「ドイツ・レクイエム」レッスンの終わるのが正午、新横浜周りで急行すると15時4050分にはフェスティバルホールに到着できる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/akicicci/e/f1329cae7d4a52ae02...このブログを読む
指揮は東京フィルハーモニー交響楽団首席指揮者も務める今売り出し中のアンドレア・バッティストーニ。
演目も彼の評判を高めたレスピーギのローマ三部作!
いま旬の番組を大フィルで、ってとこですな。
at.webry.info ultramarineblue.at.webry.info/201802/article...このブログを読む
名前は聞いていましたが、指揮者が登場して初めて写真等でよく見ている人だと分かった。
レスピーギの「ローマ3部作」、交響詩「ローマの噴水」(ローマの泉)、交響詩「ローマの祭り」、交響詩「ローマの松」を演奏。
「イタリアものを指揮した時のバッティストーニの見事さは誰もが絶賛する」とプログラムに記載してあるとおり、まさに大フィルがバッティストーニの力強い指揮に大音響でこれに応え、素晴らしい演奏、2/13日本センチュリー(ザ・シンフォニーホール)同様、指揮者が良ければオケの演奏が違ってくることを実感しました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/oy111231/e/9a3e92520b5b58a31a...このブログを読む
場所はフェスティバルホールです。
曲はレスピーギのローマ三部作です。
↓ 詳しくはfc2のブログをご覧ください。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/takan32/e/004fa603bda0d5b8d8b...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「レスピーギ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「レスピーギ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.