ブログから、話題を知る、きざしを見つける

95日(水)に語られたガーシュウィンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ガーシュウィン」について語っているブログ
日本語賛美歌名では「もろびとこえあげ」(讃美歌102))を連想しました。
その後、次々と変わる曲想は、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」のように目まぐるしく多彩です。
中間部の沈鬱な感じのところが思い入れたっぷりに演奏されると好感度UPです。
cocolog-nifty.com francesco-clara.cocolog-nifty.com/blog/2018/...このブログを読む
マーカス・ロバーツ・トリオ
ガーシュウィン:アイ・ガット・リズム変奏曲
マーカス・ロバーツ・トリオ
cocolog-nifty.com naganowakaho.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/...このブログを読む
大人の生徒さんの会にむかしピアノを習っていたことのある(今はほとんど弾けない)夫も毎回出演してくれているのですが、ソロは難しいので私と連弾をすることが多いのです。
今年の曲はこのガーシュインにしてみました。
ですので、上パートは片手が多く、両手になるところも弾きやすく考えてあります。
cocolog-nifty.com madomusika.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/po...このブログを読む
[music life]今後の出演予定2018年8月20日(月) 18:57
バーンスタイン:管弦楽のためのディヴェルティメント
ガーシュイン:パリのアメリカ人
2018.9.22(SAT) 13:30- at すみだトリフォニーホール 大ホール
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/maru_zo/20201231/1244605127このブログを読む
ガーシュウィンのキューバ序曲は1932年8月16日にニューヨーク・フィルの演奏で初演されました。
ガーシュウィンがキューバへ行った際に見聞きした現地の音楽にインスピレーションを受けて作曲した曲です。
キューバといえばハバネラ、マンボ、チャチャチャなど独自の音楽の発信地で、この曲はルンバの影響が強い曲です。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ガーシュウィン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ガーシュウィン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.