ブログから、話題を知る、きざしを見つける

925日(火)に語られたドヴォルザークといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ドヴォルザーク」について語っているブログ
かつてはイギリスの出版社から出版されたために「イギリス」というナンセンスなタイトルで呼ばれていましたが、曲を聴いてみれば直ぐにわかりますが、「イギリス」らしさはひとかけらも無く、現在では、殆どこの愛称では呼ばれていません。
第9番「新世界より」という化け物的人気曲の後塵を拝していましたが、「新世界より」はネイティヴ・アメリカンの音楽と故郷のボヘミアへの郷愁の融合した音楽で、7番以前が尊敬するブラームスの影響が強いという事もあって、ドヴォルザークの交響曲の中ではチェコの民族色が最も強い曲と言われています。
最も演奏が簡単な交響曲などと揶揄される事もありますが、実のところはヴァイオリンは音域が高く、フルートもテンポによっては超絶技巧みたいなところもあって、実は簡単ではありません。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
そんななかに、8番のように、楚々たるラルゴが、無垢な感じで、高い秋空に映えたりします。
マリナー卿のドヴォルザーク、秋の始まりに相応しい演奏でした。
2年前の10月2日に、マリナー卿は亡くなりました。
cocolog-nifty.com wanderer.way-nifty.com/poet/2018/09/post-025...このブログを読む
マラン・マレ:人間の声(ヴィオール曲集第2巻[1701年]より)
ドヴォルザーク/ウィリアム・アームズ・フィッシャー:家路
ヴィオラ・ダ・ガンバ:品川 聖
cocolog-nifty.com naganowakaho.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/...このブログを読む
雨&寒い&練習2018年9月21日(金) 09:39
9名が8名になってしまって、50名が49名になったのとは比較になりません。
それでも、指揮者&ピアニスト フルスタッフで、ドボルザーク、状況からすると、何んとも贅沢な練習風景ではあります。
普通、
cocolog-nifty.com fortepiano-yuu.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
そしてもっとドボルザークとスメタナの音楽を聞いてみたいと思います。
まだ聞いたことのない人はドボルザークの「8 Slavonic Dances, Op.
46, B.83: No.
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/wakazemi/20180920/1537395592このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ドヴォルザーク」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ドヴォルザーク」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.