ブログから、話題を知る、きざしを見つける

23日(日)に語られたヨハン・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヨハン・シュトラウス」について語っているブログ
単に曲の特徴などを話するだけではなく、その作曲家の別の部分も真剣に面白く放してくれるので楽しい。
今日はヨハン・シュトラウスのポルカ「雷鳴と雷光」、ピエトロ・マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスディカーナ」、ベートーベンの「運命」、ワーグナーの『タンホイザー』より「大行進曲」、オッヘンバックの『天国と地獄』より「序曲」、ルロイ・アンダーソンの「舞踏会の美女」、ロッシーニの歌劇『セビリアの理髪師』より「序曲」、チャイコフスキーのバレエ『眠れる森の美女』より第一幕「ワルツ」、そして最後が同じくチャイコフスキーの「1812年」で、アンコール曲は定番の「威風堂々」で観客みんなが立ち上がり手拍子を打った。
観客は3階席まで満員であった。
asablo.jp kikuo.asablo.jp/blog/2019/02/03/9032173このブログを読む
この曲が石川県内で実演で演奏されるときは,ほとんど毎回聞きに行っているのですが,本当に楽しめる曲だなぁと再認識できました。
前半は,ヨハン・シュトラウス2世の祝典行進曲が,「これぞ行進曲」というオーソドックスな感じで演奏された後,鶴見彩さんのピアノ独奏を加えて,チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が演奏されました。
昨年の6月,同じホールで平野加奈さんと川瀬賢太郎さん指揮OEKと同じ曲を聞いたのですが,今回の鶴見さんの演奏もお見事でした。
cocolog-nifty.com oekfan.air-nifty.com/news/2019/02/oek1-c253....このブログを読む
今日の音楽 2月2日 酒・女・歌
ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「酒・女・歌」op.333は1869年2月2日に初演されました。
シュトラウスの代表的作品のひとつで、ジョセフ・ベルが「酒と女と歌を愛さぬ者は生涯馬鹿で終わる」という格言に基づいて書いた詩に、音楽をつけたもので元々は男声合唱曲でした。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2019/0...このブログを読む
クラシック倶楽部を楽しむ2019年1月31日(木) 06:56
テノール。☆「愛の悲しみ」、クライスラー・作曲、フレッツベルガ―・編曲。
バイオリン。☆「ヨハン・シュトラウスのテーマによる幻想曲」、ヨハン・シュトラウス・作曲、バイチ/フレッツベルガ―・編曲。
テノール。
cocolog-nifty.com hatibunbun.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/po...このブログを読む

2階の炬燵にはいり、ウィーフィル演奏のヨハン・シュトラウスのワルツ音楽を聞きながらネットサーフィン。
ベネズエラはどうなってしまったのだろうか?
cocolog-nifty.com birds-eat-bookworm.cocolog-nifty.com/blog/20...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヨハン・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヨハン・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.