ブログから、話題を知る、きざしを見つける

724日(月)に語られたハイドンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ハイドン」について語っているブログ
2017/18年度今後の予定(山形Q)2017年7月24日(月) 11:34
J.
ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.42
--------------
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/lavio3/e/a3c03c751c87d373396f...このブログを読む
2017/18年度今後の予定(山形Q)2017年7月24日(月) 00:18
J.
ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.42
--------------
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/yamagata-q/e/3eedbe920878297e...このブログを読む
ながら聴きのたぐいだが、それが結構聴けちゃう。
交響曲の歴史をたどろうと、ハイドン前は端折って、そのパパ・ハイドンから始め、そうはいいつつ、全作無理だから、モーツァルトも同じように、後半の作品のみを。
ベートーヴェンに、シューベルトに、ベルリオーズに・・・・、そして、チャイコフスキーにたどり着いたら、思い切って、全作品を、と思い立ち、ネットで聴ける限りの作品を、オペラや器楽・室内もろとも聞き流し倒した!
cocolog-nifty.com http://wanderer.way-nifty.com/poet/2017/07/post-f4d...このブログを読む
ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。
ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。
ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。
cocolog-nifty.com http://enea385raayos.cocolog-nifty.com/blog/2017/07...このブログを読む
バロック時代の演奏習慣2017年7月22日(土) 08:46
扨、ヘンデルは当時最高の音楽家でバッハは三十数番目の音楽家?、日本では音楽の父ですから雲泥の差と言う事ですが?、バロック時代の音楽家とすればハイドンの作曲法、和声的に依る、新時代への過渡期かも知れません。
当時、対位法での作曲ですが、旋律を置き其の旋律に対しての、対旋律は厳格な禁則に依って置かれる対旋律ですが又、其処へ、置かれる対旋律としての声部は二声、三声と置かれてのハーモニー、旋律が重なっての和音和声ですが、一方、ハイドンでは?、小節内に於いての、ど、み、そ、の様に和音構成音に依っての、作曲法では全く違う作曲法と言えますが時代や作者に依っても?、演奏、解釈に留意しなければ成りません。
従って、バロック時代の演奏習慣は当時の演奏習慣を調べて、読譜解釈しなければ成りませんがレオポルド・モーツアルト氏の、ヴァイオリン奏法でも譜例を用い説明が在りますが熟読して、解釈試奏が必要と言う事ですが他にもエマニエル・バッハの、正しいピアノ奏法やフルートのクバンツ氏の著書等に依って、再現時に参考する事で現在知識に依る解読とは違い当時の演奏習慣、感じ取れますが、若しバロック時代の感覚が自分の身体深奥に、温存されているとしたら其の感覚は呼び覚ませれて再現に寄与して、当時の響き、音学は感じられる哉も知れません。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/zizisungen-goo/e/b97b58ead14f...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ハイドン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ハイドン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.