ブログから、話題を知る、きざしを見つける

69日(土)に語られたドニゼッティといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ドニゼッティ」について語っているブログ
第1部では、ドニゼッティ≪リタ≫より「この清潔で愛らしい宿」を歌ったソプラノの三浦由美子、ヴェルディ≪リゴレット≫より「慕わしき人の名は」を歌ったソプラノの中山美希、ロッシーニ≪セビリャの理髪師≫より「今の歌声は」を歌ったメゾ・ソプラノの遠藤美紗子が良かった。
第2部では、プッチーニ≪ジャンニ・スキッキ≫より「そうじゃないよ!・・・フィレンツェは花咲く木のように」を歌ったテノールの有本康人、ヴェルディ≪アイーダ≫より「勝ちて帰れ!」を歌ったソプラノの水上恵理、プッチーニ≪蝶々夫人≫より「ある晴れた日に」を歌ったソプラノの相楽和子、ドニゼッティ≪連隊の娘≫より「ああ!
我が友よ」を歌ったテノールの渡辺康が良かった。
at.webry.info 0303opera.at.webry.info/201806/article_2.htm...このブログを読む
オペラ 「愛の妙薬」2018年6月9日(土) 16:56
ぜひぜひどうぞヽ(´▽`)/
ドニゼッティ没後170年記念
オペラ 「愛の妙薬」 ハイライト イタリア語上演 日本語解説付き
cocolog-nifty.com nakayukui.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/pos...このブログを読む
結局は血に飢えた鬼女/醜女の暴走が事件を発覚させたも同然だものね。
きっと彼女にドニゼッティがルチアのために書いたような狂乱の音楽は相応しくない。
なお「幽霊座」で重要な役回りを務める歌舞伎狂言『鯉つかみ』、元は尾上家の演し物で、初演は宝暦6/1756年4月に市村座(江戸)にて初代尾上菊五郎が滝窓志賀之助を演じた『梅若菜二葉曽我(うめわかなふたばそが)』であったというが、別に元文4/1739年7月、同じ市村座で二代目市川海老蔵が演じた『累解脱蓮葉(かさねげだつのはちすば)』を初演とする説もある。
blog.so-net.ne.jp sketchbookrf044.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27このブログを読む
今回のマスタークラスでは二重唱が4つと九重唱が選ばれている。
まず、1.ドニゼッティの《愛の妙薬》からネモリーノとベルコーレの二重唱。
ネモリーノは工藤翔陽、ベルコーレは市川宥一郎。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2018/06/p...このブログを読む
クラシック倶楽部2018年5月29日(火) 05:38
「歌劇「愛の妙薬」から 人知れぬ涙」
ドニゼッティ:作曲
(テノール)ドミートリ・コルチャック、(ピアノ)浅野菜生子
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201805/article_27....このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ドニゼッティ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ドニゼッティ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.