ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1119日(日)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
爺さん殺しの音楽監督2017年11月19日(日) 00:14
齢が語ることはそれだけの説得力がある。
若い頃にリヒャルト・シュトラウスの指揮で、その死の数年前に「ローゼンカヴァリエ」の三幕前奏曲で体験しているようだ。
そして70年間劇場の聴衆として、ハンス・クナッパーツブッシュやヨゼフ・カイルベルト、エリカ・ケートなどを愛してきて、63歳で務めていた銀行の課長として定年を迎えたことから、憧れの舞台に通行人として応募することになる。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/84a7617302e3a6...このブログを読む
ケーゲル指揮ドレスデン・フィル(HMV他)CD
リヒャルト・シュトラウスもどきの響きに単純な旋律音楽、抜き出してやるアンコールピースとしては平易でいいものだからけっこうやられている。
作曲家の弟子カラヤンも振ったという曲だが、ケーゲルはひときわ穏やかで、静けさはこれもいつものケーゲルといったところか。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/7299773a088a75f0f8806...このブログを読む
池田昭子さんのオーボエ作品集2017年11月15日(水) 23:43

20002003年 ドイツ、ミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院に留学。
blog.so-net.ne.jp http://akira-nonaka.blog.so-net.ne.jp/2017-11-15このブログを読む
ドイツ各地を放浪しながらとんちやいたずらを繰り返した人物だそうで、ドイツ人は誰もが知っているそうです。
音楽をやる人にとっては、リヒャルト・シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」と主人公として有名です。
(私も去年演奏したばかり。)
blog.so-net.ne.jp http://lionbass3.blog.so-net.ne.jp/2017-11-14このブログを読む
役に立つ「ニーチェの言葉」2017年11月13日(月) 07:29
ちょっと本に関心のある方なら、今から6、7年前に「超訳 ニーチェの言葉」がベストセラーになっていたのをご存知でしょう。
ニーチェと言えば、音楽好きが頭に浮かぶのはリヒャルト・シュトラウスが作曲した「ツァラトゥストラはかく語りき」であって中々いい旋律です。
勿論、これはニーチェの著作。
cocolog-nifty.com http://yamamoto-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.