ブログから、話題を知る、きざしを見つける

117日(火)に語られたボロディンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ボロディン」について語っているブログ
葵祭と定期演奏会の準備!2017年11月7日(火) 16:47
2017年12月23日(土)
交響曲第2番ロ短調/ ボロディン
歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール / サン=サーンス
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/tku-orchestra/20171107#151004...このブログを読む
今回もしなやかさは無いが力強い演奏で、期待どおりです。
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より、だったん人の踊り、歌劇「イーゴリ公」を観ていると突然この曲が流れバレエが始まると、今までの音楽の流れと違って驚きます。
私の好きな曲の素晴らしい演奏に感謝します。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/oy111231/e/27dd612deb88586a22...このブログを読む
5人組とはバラキレフ、キュイー、ムソルグスキー、リムスキー・コルサコフ、ボロディン、チャイコフスキーを指すという。
代表的な作品としては、まずムソルグスキーの「展覧会の絵」、ボロディンの歌劇「イーゴリ公」の「ダッタン人の踊り」が挙げられるようだ。
ほぼ知識ゼロの分野だったのでお話は全部興味深かったのだが、中でも面白かったのは、19世紀を代表するロシアの作曲家5人は皆大金持ちの次男だということ。
cocolog-nifty.com http://perubui-kansya.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
高専祭2017年11月3日(金) 11:02
見ものです。
ということで、今年もボロディンのステージが終わって、ほっとしています。
楽しかった!!
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/tanakanoh/e/31d548f59eb9d58a4...このブログを読む
緩徐楽章にブルックナーやマーラーのエコーが聴こえるたびに、ああ前の世代を否定する事により成り立っていた「モダニズム」の、「次の」世代なんだな、と思う。
音楽院時代の師匠にして個人的恩人でもあるアレキサンダー・グラズノフは、ロシア五人組、とくにボロディン・リムスキー=コルサコフの継承者として約束された道を歩んだ。
外来の音楽家や、チャイコフスキーらモスクワ音楽院の折衷派とも活発に交流したが、踏み外す事を許されぬ道はそのままペトログラド音楽院長へと続き、表向き闘争する側に回ることも許されなかった。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/77ff8978f769ac530ff2c...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ボロディン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ボロディン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.