ブログから、話題を知る、きざしを見つける

26日(火)に語られたメシアンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「メシアン」について語っているブログ
シジュウカラ2018年2月6日(火) 18:59
鳥が言語を持っていることに驚くひとはないでしょう。
昨日話題にしたオリヴィエ・メシアン
鳥に教えを説いたアッシジの聖フランチェスコをテーマにした音楽を
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ki_goo/e/cd8d11206ce42dbd2bd1...このブログを読む
エナガ2018年2月5日(月) 21:13
↓これが彼の鳥の音楽です。
教会でメシアンの前で、妻のイヴォンヌ・ロリオが鳥の音楽を演奏しています。
演奏が終わったタイミングで鐘の音が流れます。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ki_goo/e/af756ef170a7a55631d0...このブログを読む
☆黛敏郎:曼荼羅交響曲2018年2月5日(月) 16:26
透明で怜悧硬質、ぼよーんという響きが特徴的だがいかにもトゥランガリラな音楽にはあまり日本的なものは感じない。
メシアンとの違いは清澄で禁欲的な楽想にあるが、美しく感傷的ですらある2楽章(胎蔵界曼荼羅)前半は寧ろいかにもウェーベルン以降の現代西欧音楽といった感じだ。
そしてよくわからないうちに騒々しくなったり静かになったりが断続的に繰り返され(作曲家の言葉どおりであるが)終わりまで続く。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/c77edb541c052804562fc...このブログを読む
一気に時代は下り20世紀の音楽も紹介された。
20世紀の音楽といえば親しみにくい印象も持たれがちだが、このような20世紀の音楽もあるという例として、メシアン作曲「おお、聖なる饗宴(O sacrum convivium)」という合唱曲を挙げられた。
20世紀ならではの新しい響きを持ち、そして7拍子、9拍子と独自な拍子である上に曲の中でも拍子が変っているという。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/nococo_007/e/1817d91a6bf38dba...このブログを読む
1月のまとめ2018年2月3日(土) 11:23
出稼ぎは、東京、静岡、千葉合わせて4件。
コンサートは、大野和士さん指揮都響でメシアン「トゥランガリラ交響曲」
ピーター・ウンジャン指揮N響で、ジョン・アダムズの「Absolute Jest」日本初演ほか。
asablo.jp kukikoketa.asablo.jp/blog/2018/01/31/8781357このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「メシアン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「メシアン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.