ブログから、話題を知る、きざしを見つける

720日(木)に語られたウェーバーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ウェーバー」について語っているブログ
ヒンデミット:ウェーバーの主題による変奏曲
セル指揮クリーヴランド管弦楽団(forgottenrecords)1957/6/12live放送
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/0b929b02e07c983e67989...このブログを読む
http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2013/06/27/6889231
ウェーバーの序曲は聞いたことがない曲ですが、ポピュラーなベートーベン ピアノ協奏曲第5番とブラームス 交響曲第1番はクラシックを聴き始めた若き日に真っ先に好きになった曲でもあります。
小川典子さんのピアノ演奏を聴くのは初めてでしたが、研ぎ澄まされたようなクリアな音色で、「皇帝」に相応しい堂々とした演奏でした。
asablo.jp http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2017/06/29/862382...このブログを読む
モンテカルロのディアギレフ2017年7月18日(火) 21:38

同じくスプラフォン盤でデローグ指揮チェコフィルのヒンデミット、ウェーバーの主題による交響的変容と「気高き幻想」。
cocolog-nifty.com http://harumochi.cocolog-nifty.com/horn/2017/07/pos...このブログを読む
ドイツ語・遥かなる旅路II2017年7月17日(月) 16:50
ドイツ旅行の貴重な体験としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。
ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com http://f4ruyaneear7rtt.cocolog-nifty.com/blog/2017/...このブログを読む
ドイツ・わが青春II2017年7月17日(月) 05:00
ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。
ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com http://enea385raayos.cocolog-nifty.com/blog/2017/07...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ウェーバー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ウェーバー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.