ブログから、話題を知る、きざしを見つける

321日(火)に語られたウェーバーといえば…

音楽
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ウェーバー」について語っているブログ
チェロ覚書♪♪Mimoza Conser...2017年3月21日(火) 18:34
森の静けさ/ドヴォルザーク
クラリネット小協奏曲/ウェーバー
(休憩)
asablo.jp http://ariawase.asablo.jp/blog/2017/03/19/8411605このブログを読む
「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」は、現在、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルと並んでは、世界を代表するオーケストラの一つとしてとして高い評価を受けている。
最初の曲のウェーバー:歌劇「オベロン」序曲は、ウェーバーが作曲した全3幕から構成されるオペラ「オベロン」の序曲である。
台本はヴィーラントの叙事詩「オベロン」のジェームズ・プランチェによる英訳を基に、「夏の夜の夢」と「テンペスト」の内容を付け加えたもの。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/classic_2007/e/f411bba86531a2...このブログを読む
ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。
ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com http://anamrdtc8sveeqmcras5.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
ドイツ文化・紫の小花2017年3月19日(日) 23:20
ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。
ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com http://ptoeam5ayel5dl3hjof5.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
親しめる独逸2017年3月19日(日) 02:50
それ以外の区間は自由席となります。
ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com http://htyb0kaosxuodregfnpo.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
音楽

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「ウェーバー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ウェーバー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.