ブログから、話題を知る、きざしを見つける

815日(水)に語られたロッシーニといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ロッシーニ」について語っているブログ
クラシック倶楽部2018年8月15日(水) 05:40
「歌劇“シンデレラ"から“不安と涙のうちに生まれ"」
ロッシーニ:作曲
(メゾ・ソプラノ)タラ・エロート、(ピアノ)ヘニング・ルーエ
cocolog-nifty.com development0005.cocolog-nifty.com/blog/2018/...このブログを読む
クラシック倶楽部2018年8月15日(水) 05:35
「歌劇“シンデレラ"から“不安と涙のうちに生まれ"」
ロッシーニ:作曲
(メゾ・ソプラノ)タラ・エロート、(ピアノ)ヘニング・ルーエ
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201808/article_15....このブログを読む
このオペラの会場はインスブルックの歴史的旧市街から100メートルも行ったところにあり、歩いてくる人がほとんどのように見えた。
男声合唱が思いがけずたびたび活躍するのを見て、なるほどやはりロッシーニのオペラ・セリアに似ているし、ヴェルディの《ナブッコ》が登場するまで20年弱なのだと思ったり。
メタスタジオが18世紀前半にリブレットを書いてから、メルカダンテの初演までに、約100年が経過して、音楽のスタイルも変わったし、フランス革命を経て、民衆をどう捉えるかも変わったということが、このオペラにも反映されていると言って良いのだろう。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2018/08/p...このブログを読む
カフェイン剤やエスプレッソの助けを借りるのだがそれでも何度か眠気が襲ってくる。
メルカダンテの曲は概ねロッシーニのオペラ・セリアを想起させる曲想があちこちにあり、テンポがゆったりしたところではベッリーニ風に歌ったり、さらにまたドニゼッティを思い起させるところもある。
いずれにせよ初めて見る・聞くオペラなのであるが、ベルカント・オペラに慣れ親しんでいれば、すぐに耳に馴染む音・メロディーの世界である。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2018/08/p...このブログを読む
<曲 目>
歌劇「ウィリアム・テル」序曲 ロッシーニ 作曲
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」から「私は神の卑しいしもべです」 チレーア 作曲
teacup.com sea.ap.teacup.com/pasobo/2408.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ロッシーニ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ロッシーニ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.