ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1212日(火)に語られたストラヴィンスキーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ストラヴィンスキー」について語っているブログ

ジェズアルド作曲ストラヴィンスキー編の「7声のための宗教的歌曲」も併録。
cocolog-nifty.com http://harumochi.cocolog-nifty.com/horn/2017/12/pos...このブログを読む
それでも地方都市から出てきた夫婦は、おしゃれな店とは程遠い裏道のラーメン店をわざわざ探し出して軽い夕食を摂ってから会場に向う。
コンサートの演目は、知奈さんが2年間に亘ってやってきたこだわりの室内楽シリーズ「ベートーヴェン+(プラス)」5回の最終回で、この日はベートーヴェンのヴァイオリンソナタ4番と9番にストラヴィンスキーのバレエ音楽が加わった。
比較的クラシック音楽に親しんできたMacchanにとっても馴染みが薄く、曲を楽しむというより演奏難易度の高い曲を如何に聴かせるのかということに興味を持った。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/matsuura_ik1980/e/ee2cd243ca0...このブログを読む
:;l2017年12月10日(日) 17:17
ンポーザーズ・コンファレンス」とかいって、作曲家が避暑のシーズン中あちこちに群れつどい、何
をするかといえば、ストラビンスキー、バルトークばりの(アメリカの作曲家たちに言わせると、二
人は「アメリカ人」であった。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/242mai/e/d046d57d2f8bc7be968d...このブログを読む
あの人の個展。2017年12月10日(日) 08:18
第二部はさすがにチャイコの組曲で知っているものも多く、大人が踊る曲も多かったので、第一部ほどは眠くなかったけどさ。
配られたPlaybillを読んでいたら、創立者はあのバランシンで、共同振付師にはジェローム・ロビンスが名を連ね、創団当時にはストラヴィンスキーに委嘱を出していたりしたこともあ
ったそうだけれど、しょせんは「シティ」バレエ。
teacup.com http://hello.ap.teacup.com/barbra/3773.htmlこのブログを読む
デュトワ/N響(2017/12/09)2017年12月9日(土) 23:03
(ちょっと疲れ気味で、まったり聴いていたので、そのレベルでの感想です。)
冒頭、ストラヴィンスキーながらも優美さ、上品さを感じる演奏で始まり、サン=サーンスも同様。
…と思ったら、終楽章になって、ピアノは急にバリバリ弾き始め、オケも急にゴリゴリ鳴らし始めた(ように感じた)ので、ちょっと襟を正しました。
cocolog-nifty.com http://c-music.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/n2017...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ストラヴィンスキー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ストラヴィンスキー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.