ブログから、話題を知る、きざしを見つける

218日(日)に語られたストラヴィンスキーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ストラヴィンスキー」について語っているブログ
黛敏郎氏も岩城宏之氏もそしてクラフト氏すら、彼岸の人となってしまった。
クラフト氏の回想録でストラヴィンスキーがこのとき日本の演芸に触れ専ら音要素だけ評価したようなことが書いてあったか。
そのとき同行したのが、兼高かおる氏だったか。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/d7dba67113542c9da47b7...このブログを読む
基本的に四角四面でやけに大作りで、緩慢なインテンポにオケが合わせていくのはとても窮屈というか大変そうだが、色彩感とリズムの重みは別種の熱気をはこぶ。
ソヴィエト公演記録同様、下振りのクラフトの方が上手にストラヴィンスキーを再現できそうなものだが、これはやはりストラヴィンスキーの即興性(演奏会の度事前準備された現場改変含め)や奥底に眠る作曲時の情熱がそこに生まれてくるところが面白く、花火は短いので演奏上の軋みもすくないから、ストラヴィンスキーの演奏スタイルを知るには良い例だとおもう。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/8d64d44f835d1f1deb93c...このブログを読む
若い才能2018年2月18日(日) 20:30
若い才能は 勉強を重ねていて どんどん上手くなる。
ストラヴィンスキーは リズムが無い
音楽を 面白く聴かせる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kokurachan70/e/5120244d55f8b3...このブログを読む
1928年の作曲だが、二十世紀の音楽としては少々古臭いスタイルを保っている。
二十世紀の音楽、バルトーク、ストラヴィンスキー、武満徹のような内的な衝動に駆り立てられた新しさのようなもの、それが広く受け入れられるかどうかは関係のない「わたくしの音楽」と呼べるようなものは感じられない。
ただ、2018年という現在から遡ってみれば、それが200年前のロマン派の作品なのか、ロマン派の作風から逃れられずにいる90年前の作品なのか、そんなことはどうでもいいやという気持ちにもなる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kambejunichi/e/4f83acb6bc7577...このブログを読む
ヴェネツィア2018年2月18日(日) 07:40
ヴェネツィア
ヴェネツィアでは、カ・パサーロ美術館に行ったり、カ・レッツォニーコ美術館に行ったり、離島のサン・ミケーレ島に行って、ディアギレフとストラヴィンスキーのお墓を訪ねたり、ムラーノ島でヴェネツィアン・グラスを見たり、コンサートを聴いたりしました。
たくさんのインプットがあり、少し脳内を整理しないとというところです。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yagisannyuubinn/e/5d7fbb2604c...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ストラヴィンスキー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ストラヴィンスキー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.