ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1216日(日)に語られたワーグナーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ワーグナー」について語っているブログ
他にも「トゥーランドット」のティムール役シム・インスン、御爺さん役なのにまだ若く、「ローエングリン」の王の伝令役サミュエル・ユンも1971年生まれ47歳とまだまだ活躍できる年齢です。
韓国では、ワーグナー歌いのバス・バリトンが国際的に活躍している歌手が多くDVDにもなっているので日本よりオペラの関心が高い国なのかなと思いました。
主役級のソプラノやテノールは競争が激しくなかなか役が回ってこないのに比べ、バス・バリトンの脇役は役が取りやすいということもあるのでしょうか?
cocolog-nifty.com mikeiko.way-nifty.com/mikeiko/2018/12/post-0...このブログを読む
「ル・グラン・ガラ 2019」、2019年7月に開催
世界最高の実力と人気を誇るパリ・オペラ座バレエ団のダンサー5名が出演し、ワーグナーの愛と官能の世界を描いたル・グラン・ガラ 2018"。
ヨーロッパ最先端のバレエを日本初演し、「洗練された新しいバレエの到来」と絶賛されました。
cocolog-nifty.com dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2018/12/2...このブログを読む
ブルッフといえば、ヴァイオリン協奏曲やスコットランド幻想曲といったヴァイオリンの名曲で知られていますが、自らヴァイオリンを演奏するわけではない純粋なロマン派の作曲家でした。
ブルッフはブラームスを尊敬しており、リストやワーグナーなどの新ドイツ楽派への敵意をむき出しにしていたようで、それも彼の評価にマイナスになったようです。
旋律の美しさを前面に出すスタイルは、時には時代遅れと取られることもあり、評価がイマイチというのもそこに理由があるようです。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2018/1...このブログを読む
ジュゼッペ・シノーポリ 92018年12月12日(水) 23:28
緻密な展開を作っていくところはワーグナーの醍醐味。
シノーポリの深く、鋭く音楽に踏み込んでいく姿勢は、ワーグナーの手法にぴったりとはまって、本当に最高。
全体を通して書いているが、オーケストラの響きが、信じられないくらいに美しく繊細な音色を生み出して、いまさら思うけど、この1980年代後半から90年代の
cocolog-nifty.com tsukimura.cocolog-nifty.com/weblog/2018/12/9...このブログを読む
ジュゼッペ・シノーポリ 82018年12月11日(火) 23:39
ワーグナーの歌劇「タンホイザー」から第2幕、1988年4-6月にロンドンのワトフォード・タウンホール。
第2幕で盛り上がらせるのはいかにもワーグナー風だが、ここでかなりオペラ的に聞かせているのは、シノーポリの
独特な音作りである。
cocolog-nifty.com tsukimura.cocolog-nifty.com/weblog/2018/12/8...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ワーグナー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ワーグナー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.