ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1213日(木)に語られたマーラーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「マーラー」について語っているブログ
0円の“グレート・トラバース"の身には縁遠いことです。
ウィーンでのオペラの全盛期を作り出したマーラーも、反ユダヤのエルガー市長登場で、功績はあってもウィーンを去らざるを得なくなっている。
人種差別は根深く執拗で無慈悲。
cocolog-nifty.com hatibunbun.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/po...このブログを読む
ブラームス交響曲を聴いてみる2018年12月13日(木) 06:16
クライバー以外で聴いてみたいのはベーム、フルトヴェングラー他にピエール・モントゥーも良いとのことです。
交響曲で何度も聴いているのはマーラーで、ベートーベンやモーツワルトは格上過ぎてもう一つ手が出ません。
その結果、次にくるのがブラームス、ブラームスは何処か受け入れやすい雰囲気があるので、良い演奏があればボチボチ聴いていこうと思います。
cocolog-nifty.com mikeiko.way-nifty.com/mikeiko/2018/12/post-7...このブログを読む
cocolog:903801952018年12月11日(火) 01:12
一方で、劇的なロシア民謡調の響きがある。
第4楽章は、ストラヴィンスキーやマーラーを思わせる。
一般的に言って若書きの曲は、長じてからの大胆な演出効果はまだ見られず、細かく実験的な響きがあるもので、それは若いときに雇えるオケには難しいか、技術はあっても前衛的過ぎて広く理解されにくい…となりがちであろう。
cocolog-nifty.com jrf.cocolog-nifty.com/statuses/2018/12/post-...このブログを読む
それだけのことだ。
同時代の人間にはその真価を見抜けず、時の洗礼を経なければ判らないこともある(例えばマーラーやコルンゴルトの音楽)。
それが自然淘汰である。
cocolog-nifty.com opera-ghost.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/2...このブログを読む
一年位前にも放送されていたものなので必ずや再放送はあると確信していましたし、しかも来年二月に日本での初来日公演を予定していてもうすでにチケットは完売状態。
2017年のレコードアカデミー大賞に選ばれ、今年度2018年の大賞もクルレンツィスのマーラー交響曲六番だという情報がネットに載っていたようですが?
鬼才クルレンツィスということでヨーロッパでは注目度は高く、目、耳が離せないひとりです。
cocolog-nifty.com mikeiko.way-nifty.com/mikeiko/2018/12/post-9...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「マーラー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「マーラー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.