ブログから、話題を知る、きざしを見つける

926日(水)に語られたブラームスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ブラームス」について語っているブログ
Deutschland・共感と共鳴2018年9月26日(水) 05:30
シュトラウスも注目されています。
器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。
ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。
cocolog-nifty.com st1h4eanclfleetoeue3.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
アルトのTシャツ2018年9月26日(水) 05:07
ムゼウムショップのマーケティングに踊らされて、思わずTシャツを購入した。
ブログ「ブラームスの辞書」運営のブログネームである「アルトのパパ」としては欠くべからざる一品だ。
マスカット色の地に白文字で「Alto」と書かれている。
cocolog-nifty.com brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2018/09/pos...このブログを読む
試聴ラウンジに行ってきた2018年9月26日(水) 01:00
フランス、現代音楽はあまり好かない、ブラームスも遠く感じているとのこと。
ブラームスが遠いというのは、どういうことなのだろうかなぁ。
「キーシンはピアノの音が言葉として聴こえる」という説明もあったが、天才過ぎて理解できない。
teacup.com blue.ap.teacup.com/daizufengtien/3802.htmlこのブログを読む
ドイツ・魅惑の国2018年9月25日(火) 16:20
宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。
しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。
ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。
cocolog-nifty.com f4ruyaneear7rtt.cocolog-nifty.com/blog/2018/...このブログを読む
かつてはイギリスの出版社から出版されたために「イギリス」というナンセンスなタイトルで呼ばれていましたが、曲を聴いてみれば直ぐにわかりますが、「イギリス」らしさはひとかけらも無く、現在では、殆どこの愛称では呼ばれていません。
第9番「新世界より」という化け物的人気曲の後塵を拝していましたが、「新世界より」はネイティヴ・アメリカンの音楽と故郷のボヘミアへの郷愁の融合した音楽で、7番以前が尊敬するブラームスの影響が強いという事もあって、ドヴォルザークの交響曲の中ではチェコの民族色が最も強い曲と言われています。
最も演奏が簡単な交響曲などと揶揄される事もありますが、実のところはヴァイオリンは音域が高く、フルートもテンポによっては超絶技巧みたいなところもあって、実は簡単ではありません。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ブラームス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ブラームス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.