ブログから、話題を知る、きざしを見つける

224日(土)に語られたプロコフィエフといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プロコフィエフ」について語っているブログ
主題と変奏2018年2月24日(土) 13:01
1.エルガー『エニグマ変奏曲』(1899年)
2.プロコフィエフ『交響曲第2番ニ短調」(1925年)※これは第2楽章が「主題と変奏」形式を取った独創的なアイデアの結晶といえる。
3.コダーイ『ハンガリー民謡「孔雀」の主題と変奏曲』(1939年)
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/gallerykochukyo/e/4128f9d5cb5...このブログを読む
Accept 華為 or 羽佳!?2018年2月23日(金) 00:00
兎に角、この女流を、そのハイヒールと露出度の多い衣装以外にはスポーティーな打鍵ぐらいしか知らないので、何とも言えないが、「ペトローシュカ」のピアノは面白そうなのだ。
なるほど協奏曲もプロコフィエフである。
今年の一連のキリル・ペトレンコとの協演も、今のままでの売り込み戦略の限界を超えるための新たな試みのようにも見えるのだが、この「ペトローシュカ」もその意味からとてもハマっているかもしれない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/29d96e328d7d60...このブログを読む
2/21 読売日本交響楽団、第19回大阪定期演奏会、指揮:ユーリ・テミルカーノフでグリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲、最近関西のオケの好演奏を聴きましたが、やはり読響の演奏は違う、シャープな音で個々の演奏者のレヴェルが違うと再認識しました。
ヴァイオリン:レティシア・モレノでプロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番、普通の演奏でした。
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界から」、世界的な巨匠テミルカーノフと読響の組み合わせ、大いに期待したのですが、読響の大阪定期やアッシジの聖フランチェスコ(びわ湖ホール)の名演を聴いているので、これらと比較するとやや残念、これも年4回も関西で読響が聴けた贅沢な感想ですね。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/oy111231/e/b641f4bdb5323b9c9f...このブログを読む
1927年にはカンタータ「コリオラン」でローマ賞作曲部門2位、指揮部門の1位を獲得した。
1932年にプロコフィエフ,プーランク,ミヨー,オネゲル,フェルーらとともに,室内楽演奏の団体【ル・トリトン】を創設。
1926年にアルフェン賞,1953年にフランス音楽大賞,パリ市音楽大賞を受賞。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/katsu_sax/e/928aa06bcd3d33213...このブログを読む
テミルカーノフ/読響2018年2月21日(水) 19:03
大向こう受けはするだろうが、荒っぽさが否めない演奏だった。
2曲目はプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番。
ヴァイオリン独奏はスペイン生まれの若手奏者、レティシア・モレノ。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/eno1102/e/ea1c5ccf79d16f558db...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プロコフィエフ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プロコフィエフ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.