ブログから、話題を知る、きざしを見つける

410日(火)に語られたハチャトゥリアンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ハチャトゥリアン」について語っているブログ
続・アダージョ(2年8か月ぶり)2018年4月10日(火) 00:00
何となく、作曲者には圧制者クラッスス=スターリン、スパルタカス=自分…みたいな気分があったんじゃないか、というのは考え過ぎか。
Aram Khachaturian - Spartacus - Adagioハチャトゥリアン指揮ウィーン・フィル
ARAM KHACHATURIAN - DE ESPARTAKUS - ADAGIOイオン・マリン(ルーマニア人)指揮のベルリン・フィル(ヴァルトビューネ2010『愛の夜』から)ヴァルトビューネはベルリン・フィルが毎年やっている野外音楽会。
cocolog-nifty.com shimah.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/28-8f6...このブログを読む
引用元:ネムネコ秘密の情報源
ハチャトゥリアンのバイオリン協奏曲は、全体的に渋めで、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲のような華やかさは有していないけれど(同じDでも、ハチャトゥリアンはニ短調、チャイコフスキーはニ長調と調性が違う)、2度、3度と繰り返し聞けば聞くほど、スルメのように、この曲の味わいが理解できるようになると思う。
blog.so-net.ne.jp nekodamashi-math.blog.so-net.ne.jp/2018-04-0...このブログを読む
今日のクラシック、カレン・ハチャトゥリアン作曲『交響曲第3番』
今日のクラシックは、前回に引き続き、カレン・ハチャトゥリアンの交響曲で、『交響曲第3番』です。
前回紹介した交響曲第1番とは打って変わって、第3番は現代音楽的な色彩が非常に強くなっています。
blog.so-net.ne.jp nekodamashi-math.blog.so-net.ne.jp/2018-04-0...このブログを読む
また、2楽章はどこか、アジア的。
カレン・ハチャトゥリアンは、アルメニア系のロシア人らしいので、そうしたことも関係しているのかもしれない。
3楽章は、ロシア音楽らしい叙情的な、美しい旋律に溢れていて、心惹かれた。
blog.so-net.ne.jp nekodamashi-math.blog.so-net.ne.jp/2018-04-0...このブログを読む
ガイーヌ2018年4月4日(水) 12:22
第2幕の狩に出かけるアルメンとゲオルギーのための祝宴で披露されるのが、バラの娘たちの踊りです。
作曲:ハチャトゥリアン
初演:1942年12月9日 キーロフ・バレエ団
at.webry.info aplomb.at.webry.info/201804/article_2.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ハチャトゥリアン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ハチャトゥリアン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.