ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1118日(土)に語られたスメタナといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「スメタナ」について語っているブログ
モルダウ(スメタナ作曲)2017年11月18日(土) 20:24
さっそく応募し、最高の席で鑑賞させて頂きました。
古関裕而のオリンピック・マーチ(1964)から始まり、最後にスメタナの(わが祖国)より「モルダウ」。
司会の朝岡聡さんの説明も分かりやすく良かったですが、モルダウの主題が流れると、日本人の私の胸にも、特別な感情が湧き、目頭が熱くなります。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/sati2003/e/8ee090f49fccd850a3...このブログを読む
曲目:モーツァルト/ピアノ協奏曲第11番(p&弦楽四重奏版)
スメタナ/弦楽四重奏曲第2番
フォーレ/ピアノ五重奏曲第2番
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/b_book/e/58648784d8b026dd9c4f...このブログを読む
今回の旅での贅沢は何と言ってもスメタナホールでのクラシックを聴くことだ。
このホールではスメタナの命日(5月12日)にちなみ交響曲「我が故郷」を演奏しプラハの春の音楽祭が開催されることでも世界的に知られている。
アール・ヌーヴォー様式の建物は装飾が素晴らしく、そこにはミュシャの作品もあしらわれ多くの観光客の目を引く。
cocolog-nifty.com http://yukou.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-f1...このブログを読む
ホトケノザ2017年11月12日(日) 13:55
しかし生演奏に行くのは数年に一度という程度で、コンサート通いはリタイヤ後の楽しみのひとつにしている。
スメタナの “モルダウ" は、ご存知の通りボヘミア盆地の水を集めて小川となったモルダウ川がやがて大河となって流れていく様を描写した名曲で、私はヨーロッパには行ったことが無いが、目を閉じればその景色が浮かんでくるようだ。
またラヴェルの “ボレロ" は、セビリアのとある酒場で一人の踊り子が踊り出し、無関心だった周りの客たちも最後は一緒に踊りだすというバレエ音楽。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/botanicallife5-1956/e/e4b97e0...このブログを読む
クレルヴォ交響曲2017年11月12日(日) 12:32
シベリウスが意識して書いたというより、深いところで作曲家同士がつながっている感じがした。
シベリウスの生きた時代(彼は長生きだった)、つまり1865年から1957年の世界には、ブルックナーやバルトークの他にも、ざっと見ただけでベルリオーズ、ワーグナー、スメタナ、ブラームス、チャイコフスキー、マーラー(1860年生まれ)、ドビュッシー、R.
シュトラウス、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、ブリテン、・・・、ときら星のように名前がある。
cocolog-nifty.com http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/p...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「スメタナ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「スメタナ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.