ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1019日(木)に語られたドビュッシーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ドビュッシー」について語っているブログ
◇C.
ドビュッシー: ピアノのために
◇G.
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/excitation/e/36f94f22a8b98dd5...このブログを読む
2018年度発表会候補曲2017年10月18日(水) 19:51
大切な友達 (M)
シチリアーノ ドビュッシー (M)
鬼あられ (M)
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/piano-bu/e/daea1a1079452517cc...このブログを読む
この芸術家の音楽の優しさや寛大さは、破壊行為や残虐行為は何ももたらさず、ただ美だけがそれに打ち克つものだという信念からくるのかも知れない。
後半のドビュッシー『前奏曲集第1集』からの4曲はどれもユニークで、「デルフィの舞姫」ののっそりとしたアルカイックな歩みがユーモラスだった。
プレスラーはなぜか「デルフィ…」の最初の数音にまったくペダルをつけない。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/hisaeodashima216/e/34c115dbb5...このブログを読む
音楽的にはアメリカで生活したときに耳にしたアメリカ音楽にワグナーからの強い影響を加え、私叙したグリーグの繊細な民族的音楽からの強い影響が独特の折衷的作風に結実した。
ドビュッシーと同世代だがその影響も受けており、ドビュッシーほど尖鋭ではないもののその初期に近似した和声感覚を導入、濃厚だが清浄という作品世界を確立。
19世紀末のパリではそれなりに知られた存在となる。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/2a09805760eabab5afb24...このブログを読む
本日(英時間)英BBC RADIO3でハ...2017年10月17日(火) 22:04
(1)ラヴェル/スペイン狂詩曲
(2)ドビュッシー/クラリネットと管弦楽のための狂詩曲
(3)ラヴェル/ボレロ
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/wakasama-chan/e/6aa4597b88fbd...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ドビュッシー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ドビュッシー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.